CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
<< 野ばら 雲田はるこ | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
銀とシュガースノー 玄上八絹
 ルチル文庫2009年

高校生(18)×ピアノ調律師(23)

前から1冊読んでみたいと思っていた玄上さん。
しかし特殊な設定が多くて手を出しかねていたのだけど、「親の離婚で血のつながらない叔父と同居することになった高校生」というオーソドックスな設定の話があったので、「これだ」と思って読んでみました。

秋彦は、進路に悩む高校3年生。
夢はパティシエだけど、自分が本当にパティシエになれるのか、自信が持てない。
離婚してアメリカに行った母親の希望どおり留学するか、とりあえず日本で大学に進学するか・・・選択肢あるだけに決められないのだ。

こういう高校生って、俺は絶対職人になるぜと決めて、わき目もふらず進む才能あふれる主人公より等身大なかんじ。
プロサッカー選手だって半分は大卒という学歴社会の日本で、18の時点で、成績的・経済的に行けるのに「大学に行かない」という選択をするのは、けっこう大変な決断だと思う。

そんな秋彦から見たら、ピアノの調律師という特殊な仕事をしているカミカは、5歳という年齢差以上に大人に見えるはずだが、最初にしばらく保護者になってくれる「叔父さん」とだけ聞いていて、年齢を知らなかったので意外な若さに驚き、カミカの美貌と性格の悪さに感情を持って行かれて恋におちる・・・と、展開としては王道なので安心して読める。

カミカも、10代の未熟な恋の結末に引きずられているくらい若いのだけど、保護者の必要な18歳と、社会人23歳との、あと数年で縮まるであろう微妙な年頃を、視点を交互に入れ替えて描く。

秋彦に告白されて悩むカミカは、友人の安東に相談する。
「まだ子供だ」「受験生だから」とかぐだぐだ言うカミカに、
「十八で恋をしなかったら、いつすんの、そんなの」
と答える安東は、なかなか素敵な脇役。

ピアノの調律師という特殊な仕事についての描写も行き届いていて、職業物としても面白い。

しかし、男どうしは基本的に自分の恋バナはしないというのが私の認識なんだけど、BLにおいては意外とそうでもなくて、初めて男を好きになった秋彦は、学友に具体的なHow toまで相談する。
それもいまどきの高校生らしいのかも?

ちょっと(かなり?)クセのある文体も、私はOKでした。
さて、次は何を読もうかな。
| その他のBL作家 | 23:21 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:21 | - | - |
コメント
コメントする