CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
<< 2011年こんなBL読んでました | main | 銀とシュガースノー 玄上八絹 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
野ばら 雲田はるこ
最近は漫画の読み方がわからない子どもが増えているとかいう話もありますが・・・私の漫画リテラシーも相当低下してるようです。

昭和元禄落語心中」で初読みだとばかり思っていた雲田はるこ、雑誌で読んでたじゃん。

「ハートに火をつけて」onBLUE VOL3掲載


依田沙江美のインタビュー目的で買った雑誌onBLUE Vol.3、掲載作品の中でも、引退したゲイビデオ俳優で今はゲイビ制作会社の社長をやってる苦味(くみ)さんの話は、かなりインパクトあった。
それなのに何回読んでも、あれと同じ作者だと気付かないってどうゆうこと?!

「落語心中」を読んだときは、この人がBL作品を描くとしたらホンワカしたものなんじゃないかと想像してたので、ゲイビ業界が舞台のエロ度もけっこう高いこの話と全然結びつかなかった。

でもそれは、既刊のBL作品を読んでみたらある程度当たっていて、この苦味さんシリーズがこの人にしては過激なほうなのね。

「野ばら」東京漫画社2010年


奥さんに逃げられたコブ付きの年増に、若者がよろめく話。
あれ?なんか身も蓋もない説明ですが、この四十に近い神田さんが天然(ややドン臭い)でキュート。そしてその細い腰から目が離せない武ちゃん(料理人)の男らしく実直な攻め様ぶりが好ましい。
この2人のバランスは、佐々木×如月先生(剛しいら記憶シリーズ)と同類で、私のどストライクなのである。

武ちゃんの将来を思って、一世一代の「縁切り場」を演じる神田さんだが・・・結局「うえーん」って泣いちゃう神田さんがカワユすぎてたまらんです。
なぜタイトルが「野ばら」なのかは最後の1コマでわかる・・・うまい。

もう一つ、本名「みたみつお」、ニューハーフのミミくんの初恋物語、「ミミくんのBOYの季節」も、かなりの問題作。

「いとしの猫っ毛」 リブレ出版2011年


こちらはいわゆる「○○荘もの」と言うのか、一つ屋根の下に変な人が集まって暮している群像ドラマ。
6年も遠距離でしかも清らかな交際を続けていたみいくんと恵ちゃんの、同棲物語の始まりでもある。
これまた猫っ毛でオクテの恵ちゃんがカワイイのだ。もうすぐ2巻が出る。

漫画はどんなに上手いと言われても、その絵柄や雰囲気が好みかどうかが重要で、小説以上に好き嫌いが大きいと思う。

山田ユギや依田沙江美や今市子、つまり少女漫画オリエンテッドな作家が好みの私には、久しぶりのアタリです。

苦味さんシリーズがどこに向かってるのが気にかかる・・・onBLUEを買い続けないとだめか・・・。
| コミックス | 10:37 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 10:37 | - | - |
コメント
コメントする