CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ダーティ・ダンス 英田サキ
 リブレBBN 2011年

暴力団組長(34)×暴力団組長(28)

気がついたら1か月以上のご無沙汰でした。

3月11日以前の生活が、もう遠いことに思えます。

幻だったんだね、ぜんぶ

震災後、よく行く飲食店でランチをしていたら、隣の席の女性がぽつりと言いました。

ダイヤどおりに電車が来て、落雷でもない限り停電の心配もなく、水道水は安全。
都心は深夜までネオンで明るく輝いて・・・当たり前だと思っていたことはすべて、危険な原子力発電が見せていたイリュージョンだったんだね・・・という。

私にとって、浮世の憂さを忘れさせてくれるファンタジーであるはずBLも、原発事故というシリアスすぎる現実の前にはなかなか効力が発揮されず・・・やっと英田さんの新刊でちょっと浮上。

組長×組長というカップルで、いわゆるBL的ハッピーエンドにはなっていないという、久々に英田さんらしい話を読んだ気がする。

病に倒れた父親のあとを継いで若くして組長になった深弦(みつる)にとって、忘れられない男、鼎(かなえ)が組長になって戻ってきた。

かつては組長の坊ちゃんと世話係の舎弟だった二人、ぶっちゃけ、お互いに最初からLOVEだったのに、仁義がすべてのヤクザの世界は二人の道を分かち・・・敵として戻ってきた鼎に肉体関係を強要される。

こういう展開だと普通は、相手の気持ちがわからないまま受けが翻弄される。
そしてなんだかんだあって、攻めの本心が割れて「そうだったのか」と二人の気持ちが通じてハッピーエンド、となるのが王道。

でも英田さんの場合、男が口に出さない本心を正しく読むことが多い。
そこが英田さんの小説のいいところであり好きなところなんだと、あらためて思った。

関係を続けていくうちに、鼎は自分を守るために戻ってきたのではないかと思い始める。
10年前に自分を傷つけて出て行ったのも本当は・・・と。

それでもド石頭の鼎は、最後まで自分の仁義を守り抜き、けして満弦の望んでいる愛の言葉を語らない。
う〜ん、なんという頑固者!だけど、鼎は行動ですべてを表し、それを満弦もわかっているからこれでいいのだ。

初期の英田さんってこういうかんじだったなあと、久々に初心に戻り「今宵、天使と杯を」を再読したりして、ただいまBL脳のチューニング中です。
| 英田サキ | 18:01 | comments(0) | - |
心乱される 英田サキ
 講談社X文庫 2010年

高校生(18)×会社員(34)

好きだった男の忘れ形見を引き取って育て、子供が立派な男に育ったところで押し倒される・・・定番設定のような気がしたけれど、自分の読書履歴を遡ると、この手の話は崎谷はるひの「ハピネス」しか読んでない・・・と思う、たぶん。

一見「ハピネス」と似ているところは多く、養父の職場の同僚に事情を飲み込んでなにかとアシストする親友がいること、セフレの存在(崎谷では息子に、英田では双方に)、息子が家出してセフレの家に転がり込んでしまうところなど。

が、根本的なところで違うのは、「ハピネス」では単なる恩人、恋愛感情も関係もなかった男の息子を引き取るのだが、「心乱される」では、かつて関係のあった男の息子を、婚約者から奪って引き取っていて、その事実を互いにどう乗り越えるかが肝になっている。

でもそれ以上に、作家の作風の違いが大きい。
崎谷さんの養父は、父であるより男に育った攻めに支配される「受け=ヒロイン」で、英田さんの養父は、役割的には受けでも最後まで父親目線、大人目線が残る。
どちらがよりリアリティがあるかといえば、英田さんのほうだけど、じゃあ萌えはどちらにあるかというと??
そこは好みの問題でしょうね。

ところでセフレの定義ですけど、恋愛感情のないカラダだけの関係・・・というのは、そういうものを必要としたことがない私が想像するに、セックス以外の関係はない即物的な付き合い・・・じゃないかと思うのだが、主人公の一聡(かずあき)と大宮の関係は本当に「セフレ」だったのだろうか?

大宮は一聡の抱える誰も知らない事情を知った上で、誰よりも親身になって心配してあれこれ口を出し余計な手出しもし・・・肉体関係がなければ「親友」といっていいポジションだと思われるのだが、セックスもする親友、それをセフレと言っていいのだろうか・・・そこがちょっと疑問。

| 英田サキ | 14:44 | comments(1) | - |
最果ての空 英田サキ
 SHYノベルズ2009年

「エス」の脇役、篠塚で1冊っていうのはあまりに地味なんじゃ?と思ったけど、「恋ひめやも」のあとに読むと、やっぱり警察ものは展開に華があるなーと思う。

読者のお目当ては「エス」シリーズの椎葉の義兄・篠塚(公安部参事官40歳・キャリア官僚)だけど、この話の主人公は、ペーペーの捜査官、江波(28)である。

ちょっとブラコン気味の江波が、上官の篠塚を好きになって告白したけど、振られました。という話。
篠塚は12年前に身重の妻を事件で失い、以来優しい顔を見せるのは亡き妻の弟に対してだけ・・・その孤高の人生そのものが篠塚なので、誰かとラブラブハッピーになってしまったらそれはもう篠塚ではない。

篠塚が読みたい・・・けれど篠塚が攻めだったり受けだったりするのは誰も読みたくないという、そんな読者のニーズにこたえつつBLであるという使命は、ゲイの江波が一手に担っている。

尾行すれば気付かれてまかれ、大物スパイの元愛人にたぶらかされ、捕り物の最中にすっ転んでイヤホン紛失・・・このドジで間抜けな新人を主役に抜擢したことで、クールでストイックな篠塚の魅力がいっそう引き立つようになっている。

いや〜篠塚さんほんとにかっこいいわ。
井澤の脅迫から江波を救うところにシビレた。
「エス」ではひたすら優しい義兄で、いいところを宗近にさらわれる寂しい脇役だったけど、「昼間の篠塚」は文句なしにかっこいい。

好きになってはいけない、好きになっても報われないとわかっていても、恋に落ちるときは止められない・・・そんな不条理な恋心は「恋ひめやも」にも共通していて、実らない恋を描くというBLとしては反則行為なのに満足できるのは、やはり作者の力量か。

こたえられなくてすまないと謝る篠塚に
「もう謝らないでください。いいんですよ。俺だったら、またすぐに好きな相手ができます。恋人ができたら篠塚さんのことなんか、もう思い出しもしないだろうし」
と強がりを言う江波がカワイイ。

江波と神津の兄弟関係、篠塚と神津の同期関係・・・それぞれにも微妙な引力があって、そもそもの篠塚×椎葉の誰にも入り込めない「特別な関係」も含めて、イロ恋以上にモヤモヤする・・・様式的なBLに食傷したときに読む本だと思います。
続きを読む >>
| 英田サキ | 14:21 | comments(0) | - |
恋ひめやも 英田サキ
 キャラ文庫2009年

会社員(25)×高校教師(32)

同窓会で高校時代の担任に7年ぶりで再会したら、冴えない国語教師と思っていた男の印象がだいぶ違う・・・。

なんだかつい最近読んだような・・・榎田尤利の「はつ恋」からファンタジー要素を除いたような話だなあと最初は思った(挿絵も同じ人だし)。

作者があとがきに書いているように、刑事もヤクザもFBIもサイコキラーも出てこない、大きな事件も起こらない、ひたすら恋する心のジタバタを描く地味〜なお話。
主人公は電機メーカーの営業職と書かれているけど、仕事の描写もほとんどない。

周囲りから「あんな男(女)はやめておけ」と言われ、自分でもそう思っていても止められないのが恋という病気。
そんな誰でも知っている恋の不条理を軽妙に描いて、地味なのに味わい深い。

棚橋(たなはし)は、付き合っている彼女と婚約寸前なのに、高校のクラス会で再会した担任、水原のことが気になって仕方がない。

BL的に分類すれば、年下攻め×トラウマ持ち年増受けというパターンだけど、こういう場合、年下攻めは若さと情熱で、恋に臆病な年上を一途に口説かねばならないのだが、彼女持ちでストレートな性志向の攻めくんは、最終的には「一途な年下攻め」になるのだけど、そこに至るまでがずいぶんな男なのだ。

確かに僕は先生に恋している。それは認めよう。
だけど同時に気の迷いだとも思っている。僕はゲイじゃないし、先生を自分の恋人にしたいわけじゃない。(中略)好きという気持ちはあいまいで不確かなものだから、そのうち霧が晴れるみたいに、サーッと消えてなくなるかもしれない。


そう思って、一度は会わないと決心する。

しかし、それは逆効果だった。

棚橋は、古今和歌集や万葉集の歌には明るいが、昭和の歌謡曲を知らないようだ。

♪会えない時間が愛育てるのさ
 目をつぶれば君がいる

(やっぱ故・安井かずみは天才作詞家だったな!)

まさしくこの状態に陥る。
会わないと決めて、好きになっちゃいけないと思いつめるほどに、会いたいという恋情にのた打ち回る。

そして棚橋は、彼女との結婚はやめないが、諦めがつくまで水原のそばにいる、という結論を出し、それを水原にも告白してしまう。

・・・バカだ。
なんという最低な男
続きを読む >>
| 英田サキ | 15:57 | comments(0) | - |
この愛で縛りたい 英田サキ

リブレ出版BBNスラッシュノベルズ

会社員(27)×会社員(27)

英田さんって「デコイ」のような重厚長大なものを書く人なのに、ときどきユルユルなものを書くことがあって、その落差の激しさは他の追随をゆるさない。

隠れゲイの阿木(受け)は親友の永瀬に何年も片想い。
ついに思い余って、貸し別荘に監禁、一服盛って眠らせてチェーンで拘束し、性的関係を強要。しかし永瀬もそれがきっかけで「友情ではなく好きだ」という気持ちに気がつき、めでたしめでたし。

そんな話ってあるかい・・・いや、そんな話を書く人もいますけど、リアリストの英田さんが書かなくても。
ボーイ・ジョージだって「知人男性」を監禁したということで刑務所に入ってたんですよ?

で、雑誌掲載の「この愛で縛りたい」は「監禁もの」かと思いきや、ハードな陵辱プレイがあるわけでもなくさらっと終わっているのだが、書き下ろしの「この愛で守りたい」は、永瀬の元彼女の登場に阿木が拗ねちゃって・・・というバカップルの痴話げんか的な話。

さらに「この愛で誓いたい」は、永瀬が阿木を家族に恋人して紹介したいと、無理矢理大阪の実家に連れて行くというカミングアウトもの。
無口な職人の父親と、サバサバした大阪のオカン、フレンドリーな出戻り姉、兄夫婦と子供たちに・・・緊張している阿木を家族として自然に受け入れてくれるというちょっといい「人情話」になっている。

出発点と着地点があまりにも遠すぎる・・・。

初稿は阿木がいわゆるクールなビッチ受けだったのが、編集の意見をいれて乙女で一途な受けに変更したとのこと。そこで計算が狂ったのではないだろうか?

このBBNスラッシュノベルズというレーベルの位置づけもよくわかんないんですが・・・これは最初からライトな人情コメディにすればよかったんじゃないかと思う。
はじめに監禁・拘束ありきだったのかもしれないけど・・・こういうのはメイドプレイと同じくらい向いてないです。

久しぶりに英田さんの珍味コレクションを読んだな。



| 英田サキ | 09:13 | comments(0) | - |
| 1/5PAGES | >>