CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
青鯉 たけうちりうと
「青鯉」「星のもとで君が」「デリート」(短編集)
 SHYノベルズ 2007年

これをBLとして出すSHYノベルズって・・・かなり豪胆だと思う。
崎谷はるひの「少年人形」を出したきもやるなーと思いましたが、BLレーベルだからここまでってことにしましょう、というボーダーが感じられない。
ボリュームや装丁も変幻自在だし・・・やっぱりエロ本屋特有の柔軟性を感じますね。

たけうちりうとの新刊、予告のあらすじを読んだときは「ファンタジー系?」って思ったけど、実際読んでみるとファンタジーと言うより文芸系? 「ボーイズラブ」の様式とは関係ない普通の(?)小説だなと感じた。

「青鯉」の主人公は、郊外の一戸建てに妻と娘と暮らしている平凡なサラリーマン。
だけどBL的に「オヤジ」とくくられる中年とも違う。妻と子どもとの日常生活に安住している普通の市民が(私の脳内映画化では役所広司がキャスティング)ある日突然、肉体が魚類化して水と「仲間」を求めずにはいられなくなる・・・。

もう一つの「デリート」は、吸血鬼・・・といってもまだ30代のグラフィックデザイナーで、助手をとっかえひっかえしてその生き血を飲みながら、自分の「天使」を探している。

全く別の話なんだけど、この二つは同じ話だと思った。

人はどこから来てどこに還って行くのだろう。
ということと、
人はこの世でただひとりのパートナーを生きてるうちに見つけられるものなのか?
とうことについての二つの寓話である。

「青鯉」では主人公は妻を捨ててパートナーを選びなおし、「デリート」ではこれまでの人生哲学を変更して、ただひとりのパートナーを選ぶ。そう考えると全く難解な話ではない。
妻と別れて・・・という話はBLにはあまりないけど、「デリート」は移り気な男が本気の相手を見つける話ととらえればBL的な展開で、もしかして「吸血鬼」というのは本人の単なる思い込み、気のせいなんじゃないかという気がする。

どちらもBL的な約束事からあまりに離れているので、BLを読みましたという気はあまりしない。ただ面白かったというかんじ。

1998年と2000年に小説JUNEに掲載された作品とのこと、やっぱりJUNEって最後まで文芸系だったんだなあ(だからつぶれた?)と思いました。
| たけうちりうと | 17:30 | comments(0) | - |
空色の花 たけうちりうと
美大講師×学生
講談社WH文庫 1996年

たけうちりうとの初期のナイーブな作品。
英国留学の長い美大講師の羽田幹は、日本人離れしたキャラで一種の変人・・・ま、芸術家ですね。
自分の教え子のパン屋の息子・小山内薫を、標高5000メートルのヒマラヤに咲く青い芥子の花ホリデュラに見立て、
「いつかこの花を見に行きたい。見て、君が好きだよ。君に会いに遠くから来たよ、と言いたい」と言うような、正真正銘のロマンチスト。
そして恋人には「北極のオオカミ」のように情熱的でもある。

薫にとっては初めての恋だけど、先生と生徒なのにとか男同士なのにとかいうことよりも先に、幹の自分に対する真摯な恋情を素直に受け入れるところがいい。

しかし困難はそこから先で、病弱でブラコンの弟、父の急死による家業のパン屋の苦境に直面し、一度は幹と別れてしまうが、困難を乗り越えたところで幹と再会する。

BLとしてイレギュラーなのは、いつ2人がそういう関係になったのかはっきり書いてないところ。いつの間にか半同棲していてエッチの場面はない・・・それでもロマンチックでスイートなラブストーリーになっている。
| たけうちりうと | 22:28 | comments(0) | - |
水色のプレリュード 青海圭(たけうちりうと)
【G・ケルプシリーズ】
『水色のプレリュード』『百万回のI LOVE YOU』『16Beatで抱きしめて』(講談社WH文庫 1997〜1998年)

たけうちりうとの別PN作品。一時帰国中のまさよ師匠に借してもらいました。

「G・ケルプ」とは、主人公の昆布谷禄一郎(こんぶたに・ろくいちろう)の率いるバンドの名前。アメリカ西海岸に生息する巨大コンブ「ジャイアントケルプ」・・・ラッコが絡まってる浮かんでいるあの海草のこと。昆布谷→コンブ→ケルプという・・・。

高校生のバンド青春もの。
なんというか・・・ものすごく真面目な青春ものなのだ。
バンドってさ、本当に真面目じゃないと続かないんだよ。メンバー集めてバイトしてスタジオ借りて練習して・・・高校生バンドだったらまず各人のテクニックを向上させていかなくてはならないし。
小中ほとんど学校に行ってない引きこもりの天才ギタリスト飛鳥、子供のときからスパルタ教育を受けてきたピアニストの類、頭脳明晰なコンピュータ部部長の息吹のドラム・・・そしてギターからベースに転向した昆布谷が、コンテストを目ざして一生懸命練習する音楽根性モノであり、学園ものでもある・・・。

もちろん恋愛が軸ではある。昆布谷と飛鳥のもどかしくも進まない関係・・・3冊目でやっと2人でホテルに泊まるところまでは行くけど、それもいわゆる「朝チュン」でエロは全くなし。
それでもやっぱり、これはボーイズラブだろう・・・だって男の子の話だもの。
続きを読む >>
| たけうちりうと | 23:07 | comments(0) | - |
「パーフェクト・ラブ」「エクセレント・ラブ」 たけうちりうと
飲食店オーナー(30)×DJ(18)
オンライン書店ビーケーワン:パーフェクト・ラブ アイノベルズ 2002年

全2冊のこの【リボルバーシリーズ】は、たけうちりうとの中でも異色だと思っていた。
「わかりにくい人の話」を得意とするこの人にしては、男同士の惚れたはれたをストレートに書いているという点で、珍しくわかりやすい話なんだけど・・・デビュー以前から書き続けてきたというこのシリーズは他のどのたけうち作品とも似てない。
でもデビュー作を読んだら(デビュー作とも似てないんだけど)なんとなくもう一度読みたくなった。

湘南でカフェバー「リボルバー」を経営するヒロは自他共に認める「タラシでスケベなゲイ」だが、オープンで魅力的な人柄に人望も厚い。
ヒロの元カレ、親友、そして恋人となる少年とその元カレ・・・みんな堂々たるゲイでその中で惚れた別れたが展開する。

自分の浮気が原因で、2年半同棲した高藤(男・オネエ系)に出て行かれて寂しいチョンガー暮らしのヒロ。
その別れた女房に紹介されたDJ志望の瑞希(みずき)は、金ナシ宿ナシ仕事ナシで、初対面の面接で捨て身の色仕掛けでヒロに迫る。
そんなら遠慮なくイタダキマスと手を出したのが間違い。

この「押しかけ子猫ちゃん」は、イギリス人の元カレが忘れられないくせに、すごいヤキモチ焼きでしかも凶暴。なんとか手なづけたと思ったら、実はセックスが嫌いということを親友に相談してるのを知ってがっくり。
優しくてホットな恋人が欲しいヒロはとうとう瑞希を持て余し、訪ねてきた元カレに瑞希を返却しようとするが・・・(パーフェクト・ラブ)

一緒に仕事をして一緒に暮らし始めて1年。
未熟だった瑞希も成長して心身ともに男らしくなり、ほんとは「絶倫」なんだけど瑞希に合わせて節制?してたヒロも、しだいに変わっていく。
ヒロの母親に「嫁いびり」されたり、出入りの花屋にヒロの浮気ゴコロが動いたり・・・いろいろあってさまざまな思いを重ね、おだやかに体を重ねあったとき、ヒロは「俺はもうこの場所以外のどこにも行きたくないと切実に思った」・・・つまり年貢の納め時っていうこと。(エクセレント・ラブ)
続きを読む >>
| たけうちりうと | 10:11 | comments(0) | - |
INTENSITY たけうちりうと 
カメラマン(29)×高校生(16)
講談社X文庫 1994年

たけうちりうとっていう作家も、つかみどころのない人である。
非常にJUNEっぽいものも書くし、「慕情街道シリーズ」のようなゆったりした時代物からボディガードシリーズのような翻訳小説調のものまで作風が幅広い。

いったいいつごろから書いてた人なんだろうとかねがね思っていたら、小さな古本屋でデビュー作発見。
第1回講談社ホワイトハート大賞〈恋愛・青春小説部門〉受賞作だったんですね。

受賞時37歳。
BL作家としては年長の部類だけど私が想像してたより少し若い。そして思ってたより作家歴が浅い。
ということは? デビューから10年ちょっとでこれだけいろんなものを書いてるわけですか。
でもこのデビュー作を読むと、それだけのポテンシャルがある作家であることがわかる。
最近のたけうち氏の作品、文体とはかなり雰囲気が違うんだけど、「衝撃のデビュー作」ではなかろうか。

主人公はゲイで男同士の恋愛を扱ってはいるが、これをボーイズラブ小説として読むと激痛だと思う。でもゲイ小説あるいは青春小説として読めば甘くて苦く、ある種の爽快感がある。

主人公の司は、自分が男にしか興味が持てない、ゲイだということに気づいているが、高校生生活の中では厳重に隠すしかない。相手を探すのは大人になってから、と思っている賢い子供である。

そんな司が好きになった男「リツさん」は、地雷を踏んだらサヨウナラの戦地カメラマン・・・そういう恋人を持ったら過酷な結末が待っている。悲しい結末ではあるけれど、初めて大人の恋に踏み込む司の決意はすがすがしく美しい。
続きを読む >>
| たけうちりうと | 01:10 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>