CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
積木の恋 凪良ゆう
 プラチナ文庫2011年

医師(32)×詐欺師(21)

親に捨てられて養護施設育ち、中卒で社会に出たものの居場所がなく、男を手玉にとって金を巻き上げる「恋愛詐欺師」をなりわいとする蓮(れん)と、そのカモである加賀谷の純愛ストーリー。

世の中不公平だぜ、持ってるやつから巻き上げて何が悪い、という蓮の視点で描かれているが、詐取した金はコツコツ貯金して「詐欺から足を洗って自分だけの家を買って犬と暮らすのが夢」という蓮の心根は、とってもまっとうなのである。

大病院の院長の長男である加賀谷はシンデレラストーリーによくある男前で大人な攻め様ではなく、ホモが親バレして勘当されるような要領が悪くて、人付き合いの下手なお坊ちゃまとして描かれている。
特に容姿が悪いとは書かれていないが、印象として見た目もぱっとしないイメージ(私の中ではなぜか三谷幸喜のようなルックス)。

まさに絶好のカモで、簡単に金を巻き上げられるのだが、あまりの不器用さに蓮も引き際を見極められないうちに、ずるずると居心地がよくなってしまう。

このままいい関係に?なんてことにもちろんなるわけはなく事態は急転して、蓮は逮捕される。

この話のいいところは、実刑になった蓮が、ちゃんと自分の罪を償ってから幸せになるところ。
凪良さんはこういう真面目なところが持ち味だと思う。

本当にいや〜な人間が出てこない。みんなそれなりに一生懸命生きている。

そういう意味では金の苦労が全くない人生を生きている加賀谷の設定がちょっと甘いかなという気もしないではないが・・・両極端な環境で育った二人の奇妙なバランスを描きたかったのではないかと。

そもそも加賀谷が金持ちでないと成り立たない話だし。

凪良さんはもう新人とは言わないかもしれないが、好調キープ中である。
| 凪良ゆう | 16:33 | comments(0) | - |
真夜中クロニクル 凪良ゆう
気がつけば5月、そしてゴールデンウィークも後半になってました・・・。

あれからずっとARUKUさんの「虹色村のチロリ」について何か書こうとひと月以上考えていたんだけど、結局うまく書けず・・・ギブアップ。



気を取り直して、凪良さんの新レーベルからの新刊でリスタートします。

 リリ文庫2011年

紫外線にあたると皮膚が火傷状態になる病気の新名(ニーナ)は、ひどいいじめで小学校から不登校になり、ずっと引きこもって暮している。

学校にも行けない、就職もできない、恋愛も結婚もできない・・・18歳にして人生に絶望したニーナは、夜の公園で知り合って自分に懐いている小学5年の陽光と、ブサイクな野良猫を車に乗せて、星降る夜に無免許運転で走り出す・・・。

「ニーナ、これからどこに行くの?」
「この世の果て」


でもニーナはこの世に果てなどないことを知っている。

二人の出逢いから一夜の家出までを描いた「真夜中クロニクル」、その後、16歳と23歳になった二人の「月が綺麗ですね」、19歳と26歳の「LOVE SONG」の3話から構成されている俳優の卵と音楽家の卵の成長物語。

11歳にして美しい年上のニーナに恋をした陽光は、早く大人になってニーナを守れる男になると誓う。
「年の差・年下攻め」にはよくある設定だが、「大人になる」ってそんなに簡単ではない。

陽光は有名な子役だったが、そこから大人の俳優への転換がうまくいかず、芽が出ない。
ニーナは、ソングライターとして仕事を始めるがこれも容易な道ではない。

ありふれたBLだと、どっちかがわりと簡単に成功を手にしてしまい、あとはお互いの恋愛感情の話になるものだけど、若い二人の足元は未完成で未確定で、相手のことを見失ってばかり。

そんな若さの悪戦苦闘を書いてる。
本人たちは悩んでるんだけど、読んでるほうは「若いって素晴らしい」と思ってしまう・・・これが凪良さんのうまいところ。

大人目線で二人を見守る脇役もいい。
ブラジル人の彼氏とバリに旅立ってしまった親戚のミツさんもよかったが、ニーナを口説きまくる映画監督の唐崎、このまま監督に一度食われてしまえ、と思うくらいいい仕事ぶりでした。

11と18で出会って、お互いにお互いしか知らない純愛カップルなところもいい。

もしこの作家をまだ読んだことがなかったら、この話から読むのがいいかもしれない・・・と思うほど、文句のつけどろない会心作。
| 凪良ゆう | 22:07 | comments(0) | - |
夜明けには優しいキスを 凪良ゆう

白泉社花丸文庫BLACK 2009年

フリーター(25)×派遣労働者(27)

コメディとシリアスの振れ幅が極端な凪良ゆう、「重い」「痛い」「暗い」という評判に心して読んだのだが・・・重いとか痛いとかいう以上にびっくりしてしまった。
そして文芸の番外地ボーイズラブ小説に、こういうことを書く若手が出てきたということにうれしくなってしまった。

「名ばかり管理職」っていうのがあるが、要(かなめ)は「名ばかりアルバイト」っていうのか、24時間営業の喫茶店で、時給800円のアルバイトなのに管理職なみの責任を負わされた上に理不尽な長時間労働を強いられ、その時給すら満足につかないという底辺の若年労働者である。

そんな要に「おかしいってことはおかしいってちゃんと言ったほうがいいと思います」とまっすぐな意見を突き付ける同僚バイトの公平(こうへい)。
彼はフリーター労組に加入していて、ドヒン連(全日本ど貧連合会)のメンバーとして、デモに参加したりしてる。

労組という単語をBLで見たのは初めてだ・・・と思う。
あとがきによると、初稿ではもっと「蟹○船」で、これじゃマズイというのでかなり軌道修正があったとか。
公平は喫茶店「革命カフェ」のオーナーで、ゲイの思想家に影響されているという裏設定もあったそうで、そっちのほうが面白そうじゃないか?!

でもこれはBLなので、過酷な労働と、自称恋人のDVも黙って受け入れている要には、「自分は幸せになる権利はない」と思っている過去の秘密がある・・・という話である。

この、主人公が人生なげやりになっている「過去の秘密」というやつ、BLを何百冊も読んでるとだいたいいくつかのパターンで予想がついてしまうのだが、そのどれでもなく、しかも説得力があるということが第二のビックリ。
続きを読む >>
| 凪良ゆう | 22:26 | - | - |
未完成 凪良ゆう

花丸文庫BLACK 2009年

高校生(17)×英語教師(27)

17歳・・・いいなあ無限の未来があって・・・と思うのはオジサンオバサンだからで、当のティーンエイジャーはそのありすぎる未来こそが耐えきれない重荷なんだよね。

10歳年上の(美人)教師に恋をしてしまった高校生の話。
17歳と27歳の年齢差の難しさを描いているところは、依田沙江美の『愛の深さは膝くらい』と似ているが、あちらは年上の教師視点、これは17歳の瀬名(せな)の視点になっている。

なんとか大人の恋人として認められようと、精一杯背伸びして頑張っても、社会人と高校生である。拗ねても甘えても阿南(あなん)先生にはバレバレ。
かっこ悪いことが死ぬほど恥ずかしい年ごろなのに、阿南の前ではドツボにはまってジタバタするばかり・・・。

「高校生ってさ、でかいガラス細工みたいだよな。こんな生真面目でセンシティブな生き物を大量に相手すんだから、教師は大変な仕事だよ」

阿南の「ツレ」の大河内のセリフだが、既婚者なのに阿南と寝ることもあるという大河内の設定は、なかなかいいスパイスになっている。
続きを読む >>
| 凪良ゆう | 22:16 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |