CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
嘘と誤解は恋のせい 小林典雅
白泉社花丸文庫2009年

サラリーマン(26)×学生(20)

ついに出た、小林典雅の新刊。
表題作については私、当ブログで一度書いてましたね。
2007年4月9日 シャレード5月号

私は、これが「棒投げ橋」の次に読んだ小林典雅で、このときこの人はキワモノ作家じゃないと確信したのですが、アラスカさんの「小林典雅さんの単行本未収録作品」によると、少なくともシャレードがあった時代にはコンスタントに雑誌に書いていたんですね。

それなのになかなか単行本が出ないのは、特異な作風によるためと思われます。

雑誌発表作+その後のカップルの書き下ろし(または脇役カップルでスピンオフ)

これで1冊というのがBL単行本のルールのようです。
そうじゃなければシリーズものとして、同じカップルで何冊か続く。
昔の本を見るとそうとも限らないんだけど、最近はほぼこの様式に限定されるようになっている気がする。

小林典雅の持ち味は、畳みかけるギャグと小気味いいオチにあるのだから、無理やりそのフォーマットにしなくてもいいじゃん。
「嘘と誤解は恋のせい」と「カンジてる場合じゃないっ!」を同時収録して短編集でもいいじゃん、と常々言ってきましたが、このたびアンケートで結ばれた(と思った)和久井と結哉のその後の話「ラヴァーズ・ブートキャンプ」を書き下ろして「普通のBL仕様」になった新刊を読み、やればできるじゃんと思った。

作者は「鬱陶しい必死受け」と「うかつ攻め」の話、と簡潔にまとめてましたが、書き下ろしは、両思いになってるのに、和久井の求めに応えるより写真を集めたり記念の品物を残すほうに熱中してしまう結哉の「片思い貧乏性」がネタで、意外とページ数のある洞窟での羞恥プレイもエロいのかおかしいのかよくわからないが・・・面白いからいいじゃんと。

あとがきにちょっと気になることが・・・

好意的に読んでくださる方々の間でさえ「小林典雅に普通のBL的な萌えやエロを期待しちゃダメ」とのご意見が多数と聞き及び

え?私?私はそんなこと言ってない・・・と思いますけど?
| 小林典雅 | 23:16 | comments(0) | - |
今月の新刊 


あー夏休みも終わってしまった。
「夏の塩」「夏の子供」新装版をがっつり読んで、やっぱり名作って時間がたつほどに輝くものなのねと実感。
それとは別に、私って「美形だけど服装がダサい理系男子」って昔からツボだったなと思い出しました。

えっと、今、高村薫の「太陽を曳く馬」上巻に手こずってまして、いや面白いんですけどね、BLをサクサク読むようにはいかなくて。

そんなこんなで、今月はBL新刊をまだ2冊しか買ってない(しかも未読)。

まあ夏休みですから。

とはいえ、とてもとても楽しみにしていた新刊がもうすぐ出ます。

黒ニコさんとこからバナーをいただいてきました。
小林典雅の新刊です。
これは雑誌で読んでますが、メチャクチャ面白かったので、単行本化を待ちわびておりました。

20日は書店にGOです。
| 小林典雅 | 21:45 | comments(0) | - |
美男の達人 小林典雅
郵便局員(25)×塾講師(30)
 花丸文庫 2008年

小林典雅って何者?

これが今、自分の「ねんきん特別便」はいつ届くのだろうかということの次くらいに私が気になっていることである。

この人の特異な才能はBL作家にしとくのはもったいない、構成作家かなんかになればいいのにと書いたことがありますが、この3作目に至ってこの人の正体はいったい何?「売れないBL作家」のフリをしてるけど、実は違うんじゃないの?疑惑が・・・。

あとがきに「私は片方が一途に恋してしまって全然その気がなかった相手を根性で落とす設定が大好きでそんなのばっかり書いているのですが」とありますが、そおなの?!
そんなことが書きたくて小説を書いているとはとても思えないんですけど。

『美男の達人』はモテない男が男を磨くためのセミナー『美男塾』の話。モテない友人の付き添いで美男塾の説明会にに行った上遠野(かどおの)が、そこで講師の夏秋に一目惚れ、入会してモテセミナーを受ける・・・一応そういう設定なんだけど、231ページのうち200ページを過ぎても、いったい誰と誰がボーイズラブになるのか全然わからないという・・・そんなBL小説があってよいものだろうか。

いやいいのだ。なぜなら小林典雅だから。
本書はなぜ今どきの若者は結婚しないのか(できないのか)、さまざまな理由が下手な社会学者の本を読むよりよくわかる。
そして真剣に女性とお付き合いしたいと願っているのに縁がない男性にとっては、この本は実用的なアドバイスに満ちているだろう(!?)
続きを読む >>
| 小林典雅 | 23:52 | comments(0) | - |
老舗旅館に嫁に来い! 小林典雅
老舗旅館跡取り(26)×留学生(24)
 二見書房 シャレードパール文庫 2007年

あまりに個性的過ぎるデビュー作『棒投げ橋で待ってて』以来3年ぶりの、待ちに待った小林典雅の2冊目。
シャレード文庫がパール文庫に改装なっての第1弾のラインナップ・・・それなりに期待されてる?

このベタなタイトル、アメリカ人の恋人が老舗旅館の女将修業に悪戦苦闘というベタなあらすじ、そして小林典雅の特異な芸風・・・もとい作風からだいたいどんな話か想像がつくと思ってたけど、やっぱり期待以上に笑わせてくれた。

前作に引き続きこんなに笑わせてどーすんのよ、BLなのにって思うんだけど、面白いんだよ・・・日本文学専攻の留学生であるアメリカ人のジューナが半端に日本通なところが今回の笑いのツボなんだけど、頑固親父に早々にカミングアウトしてガチンコ勝負ににしたところがよかった。
たった136ページしかないのに、高密度ギャグに満腹。
BL界の宮藤○九郎だって?!

しかし・・・いったいいつエッチになるのかと思ったよ(笑)。
2冊続けて松岡なつきの「アメリカ人攻め」を読んだせいで、途中までどっちが攻めなのかわかんなかった・・・「嫁」なんだから受けに決まってるんだけど。

にしても強烈すぎるジューナVS頑固父親、兄思いの弟、女将候補の幼なじみ、変な京都弁の板さん・・・と脇がインパクト強すぎて、相対的に攻めの影がちと薄かったような・・・。
| 小林典雅 | 22:50 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |