CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第20回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭
今年めでたく20回目を迎えた東京国際レズビアン&ゲイ映画祭、例年7月の暑い時期に開催でしたが、今年は震災の影響を受けて10月の開催となりました。
暑くもなく寒くもないベストシーズンだけに、他のイベントと重なってしまうというデメリットもありましたが、それでもなんとかやりくりして、今年は3本見ることができました。

【ロミオ】(2011年 ドイツ)

大都会に憧れて田舎から出てきたルーカス。
しかし手配されていた部屋は、なんと女子のナース寮!
ノンケ男子なら夢のような毎日も、ルーカスにとっては苦痛とストレスの連続。
ある日、ルーカスはセクシーでイケメンのファビオと出会い、恋心を抱く。
(以上公式あらすじ)

これだけ読んだら、軽いタッチのコメディかなと思うじゃないですか。
ところが実際は性同一性障害を扱ったシリアスな話だったので、最初は戸惑った。

主人公は女性として生まれたけど心は男性、ホルモン注射や筋トレで肉体改造中。
男性としてファビオに近づいていく。
ファビオはゲイ寄りのバイですかね。
男女を問わずにモテまくるフェロモンだだ漏れ男(でも実はいいおうちのお坊ちゃま)。

男が好きなら女のままでいいんじゃね?と思うのはヘテロの人間だけではなく、レズビアンもゲイやっぱりそう思うわけですよ。

ゲイもビアンもルーカスがトランスセクシャルと知った途端、嫌悪感をむき出しにして差別する。
セクシャルマイノリティの中のさらにマイノリティ。

でもそうじゃない。

ルーカスは「男になりたい」のではなくて、生まれたときから男なのだ
それも男として男が好きな男。
やっかいだけど、性癖ってそういうもんでしょ。

ただし肉体という入れ物がエラーで、つまり彼にとっては女のぬいぐるみを着ているような状態なのね。
早く脱いで本当の自分になりたい・・・性同一障害とはそういうことなんだと理解した。

ルーカスを演じているのは男優です。
最初からそう思ったんだけど、見ているうちにだんだんわからなくなってきた。
どっち??
胸のサポーターを脱ぐと巨乳だったりする。
え?女優?!って一瞬思ったけど、そんなわけはなくて、巨乳はフェイクとCGだったようです。

その心は男だけど体はまだ女という複雑な性別を演じた主演俳優は、「トランスアメリカ」で、MtF=元男で性転換済み女性を演じた女優といい勝負だなと思った。

【LAに恋して】(2011年 アメリカ)

スターをめざしてロサンゼルスにやってきたゲイのアダム。親友(女)のキャンディの家に居候してオーディションを受け続けるが落ちまくり、ゲイポルノの制作会社でアルバイトを始めたあたりからお約束の転落が始まり、最初はゲイ雑誌のグラビアモデル、次がゲイポルノ出演、ついにセレブ相手の出張ボーイに。
そして出張ボーイとして呼ばれて出会った有名スターのジョンと恋に落ちる・・・。

なんだこのBLのようなわかりやすい俗な展開は。
でもこのわかりやすさ、俗なところこそ、この映画のいいところだ。
誰が見てもわかる、誰が見ても笑える、そして「んなことありかよ」と思いつつスカッと爽快なハッピーエンド。

そんな中でアダムがLAに来て最初にできた彼氏、ゲイポルノの監督でカメラマンのニックはいかにもゲイゲイしい業界人でインパクト大。

言葉巧みにアダムを口説いて裸にむいて、まんまとゲイ向けグラビアを撮影してしまう手管は、うわ〜本物!って思ったら、この映画の監督のキャスパー・アンドレアス本人だった。
そのジャンキーで変態なところも・・・強烈だった。

わかった。
こういう変態っぽい監督が撮る乙女チックなシンデレラストーリーだからいいんだな。
毒はどこかに隠されているけど、ゲイが見てもノンケが見ても楽しめる映画。

上映後、そのシンデレラを演じたマシュー・ラドウィンスキくんがトークセッションに登場。

続きを読む >>
| 映画 | 16:30 | comments(0) | - |
第18回東京国際LG映画祭
第18回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭が、7月10日から新宿で開幕しました。

昨年はおっかなびっくり初めて足を運びましたが、今年は張り切ってオープニングイベントから4本見てしまった。
これから見る予定の方にはネタバレになりますが、後半の青山スパイラル上映は当日券で見ることも可能なので、感想を書いておきます。

『イングリッシュマン・イン・ニューヨーク』(2009年イギリス)

独特のファッションとオネエ言葉で毒舌を吐く老作家・・・日本で言えばあの人とこの人を足して2で割ったかんじ? 
スティングの名曲「An Englishman in New York」のモデルとなった実在の人物クエンティン・クリスプの晩年を描く。
70歳を過ぎてからNYに渡り、時に同性愛者のオピニオンリーダーと持ち上げられ、HIVに関する失言で干されたり・・・でもどんな人生も老いからは逃れられない。

70歳以上はみな「年寄り」だと思ったら大間違いで、70代、80代、90代の肉体的精神的な変化を見事に演じ分けるジョン・ハートの至芸に思わず「成駒屋っ!」(←屋号に意味なし)と声をかけたくなった。

ラストに流れるスティングの「An Englishman in New York」の印象的なリフレイン

I'm An Ailen I'm A Legal Alien 私は異邦人、合法的異邦人

その本当に意味するところがやっと腑に落ちた気がする。

この曲のモノクロのPVに登場する上品な老紳士が当時のクリスプ氏本人なのだそうです。実物はけっこう美しい人です。

『パトリックは1.5歳』(2008年スウェーデン)

養子センターの斡旋で1歳半の赤ちゃんを迎える準備をしていた同性愛カップルのもとにやってきたのは、凶悪そうな15歳のパトリック少年だった・・・書類のミスで15歳が1.5歳になっていたのだ。

いくらスウェーデンでも、男夫婦が子供を養子にするのは容易ではない。かわいいベビーが回ってくるはずもなくて、要は引き取り手のない育ちすぎた子供を押し付けられたわけ。

ゲイにもいろんな人がいると思うんだけど、奥さん?のゴランは「郊外の庭付き一戸建で子育てとガーデニングするのが夢なの」って人で、ダンナのスヴェンは全身にタトゥーが入ってる「昔はオレもワルだったんたぜ」という熊男
熊ダンナはゴランに惚れてるから、この「一戸建ドリーム」に付き合ってたんけど、ワルガキに新婚家庭をかき回されて「やってられないぜ」と切れて出て行ってしまう。
残されたゴランは、パトリックに新しい家族を見つけるまではと奮闘する。

スウェーデン映画って初めて(たぶん)見たけど、この国の中流階級の生活というのが興味深い。
素敵な家に素敵な庭・・・みな似たような暮らしぶりだから保守的でご近所の目もけっこううるさい。なにもこんなところで堂々と男夫婦やらなくても・・・周囲の住民も困惑するよね。

でも、たぶん医師であるゴランも自分がこのような家庭環境で育ってきたから、自分にこういう「家庭」が持てない理由がないって考えてるんだろうな。

やんちゃな旦那と優しい奥さんが養子問題を巡って対立、笑いあり涙ありのハートフル・コメディってやつです。
日本人基準だとスヴェンもゴランも体格的にSG(スーパーガッチリ)系なんだけど、なかなかお似合いのカップルで、最初は「クマゴロー」だと思ったスヴェンにも全然抵抗がなく・・・悪ガキ・パトリックがだんだん子供らしいところを見せていく演出にホロリとさせられてしまった。


続きを読む >>
| 映画 | 23:28 | comments(0) | - |
メイプルソープとコレクター (映画)
メイプルソープとコレクター 「メイプルソープとコレクター」73分
 監督:ジェームズ・クランプ 
 アメリカ・スイス合作 2007年 


渋谷シネマライズエックスほかで公開中

ブログやっててよかったなーと思うのは、ボケっとしてる私に耳寄りな情報を与えてくれる人がいること。チロさんのブログで、89年にエイズで没した写真家、ロバート・メイプルソープのドキュメンタリー映画が公開中であることを知った。

80年代後半から90年前後、有名なアーチストが次々とエイズで亡くなったが、メイプルソープもその1人だということをはっきり認識したのはずいぶんあとになってからだと思う。パンクの女王パティ・スミスとは結局どういう関係?・・・という下世話な興味もあって、私には珍しい素早さで見に行った。

しかし実はメイプルソープが主題ではなく、彼を援助して成功に導いたサム・ワグスタッフというキュレイター/美術品収集家の「美と収集と快楽にとりつかれた男の生涯」と言うべきドキュメンタリーなのであった。
続きを読む >>
| 映画 | 18:10 | comments(0) | - |
第17回東京国際LG映画祭
東京国際レズビアン&ゲイ映画祭というものがあることを、チロさんのブログで知って以来、行ってみたいな〜と思っていました。
大人なんだからさ、青山でやってんだから1人で行けよって話なんだけど、映画祭ってもの自体行ったことがないので、チケットの買い方すらわからず・・だったところにチロさんが誘ってくれて、ついにLG映画祭デビューを果たしました。

公開作品の紹介を読むと
「孤児院で育ちデザイナーを夢見て上京したスミンと、工場を経営する一家の御曹司のジュミン。まったく異なる環境で育った二人は、反発しあいながらも惹かれあい、逃れられない恋に落ちていく」(『後悔なんてしない』韓国

「スポーツキャスターのエリックと弁護士のサムは同棲4年のカップル。ノンケ的ライフスタイルと仕事を持つ二人は周囲にカミングアウトしていない。ところがサムの義理の姉が急死、その息子を預かることに・・・」(『スコットと朝食を』カナダ

「アートカレッジへの進学をあきらめ、姉と5歳の甥の生活を支えるためダイナーで働くザック。彼の平凡な日常を変えたのは、失恋から立ち直るためにLAから故郷に戻ってきた小説家、ショーンとの出会い」(『シェルター』アメリカ

なんかまるでBL小説のあらすじみたいじゃないですか?

残念ながら今回は日程の都合で、私が見ることができたのは
『ヒストリー・オブ・ゲイシネマ』『シェイクスピアと僕の夢』の2本のみでしたが、来年は絶対もっとたくさんの作品を見よう!と決意しました。
続きを読む >>
| 映画 | 09:37 | comments(0) | - |
映画『愛の言霊』DVD版(原作/紺野けい子)
日本映画 2007年 本編72分

電車の中や街できれいな男の子を見かけたとき「紺野けい子の漫画に出てくる男の子に似てる」って思うことがよくある。
考えてみると他の漫画家ではそういうことはあまりない。

紺野けい子の『愛の言霊』を映画化するという話を聞いたとき、そりゃいいことを思いついたねと思った。
理由の一つは、BLには珍しく2人の関係の「攻め受け」がはっきりしてないこと・・・最後までやってないからということじゃなくて、男女の役割を男同士に置き換えたような典型的BL(それはそれでBLとしては王道だし面白いんだけど)を実写でやるのはやっぱりちょっと不自然・・・あえて実写で見たいと思わないし。

さらにこの話は女の子の役割が大きいので、普通に青春映画っぽくできるんじゃないかと。

で・・・渋谷で上映していたのは知ってたけど、見に行くのはちょっと。とかいってるうちにDVDが出てしまって、やっぱり買っちゃった。

いかにも低予算な作り、若いキャストの演技ももうちょっとなんとかならんかねっていうところもあるんですが・・・でもそれは予想の範囲内で、結論としては意外に面白かったのだ。
私にとって全員「無名の俳優」だったので、ニュートラルに見ることができたのもよかったと思う。
脚本がいいんだと思うけど、紺野けい子の原作のよさが的確に生かされている。そこがよかったし、原作のファンとしてはそれで充分です。

映画を見る前にもう一度原作を読み返してみたんだけど、どっちかっていうと立花が攻めっぽいのね。
これが映画だと中性的なルックスの立花(齋藤ヤスカ)が男の子っぽくて、見た目が男っぽい大谷(徳山秀典)がナイーブで嫉妬深い。
そんな違うタイプの男の子がささいなことでケンカしたり、仲直りしたりする日常をさらっと描いている。

雪子(松岡璃奈子)がかわいい。

原作でもいい場面なんだけど、大谷と雪子が会話するところ・・・
「大谷くん好きな人いるでしょ。ってゆーか、私のことキライ?」
「嫌いなら会わねえよ」
このシーンが原作以上にいいかも。(作者もそう言ってる)

結局、ボーイズラブってよりさわやかな青春映画になってる・・・というところも期待通り。

で、2人のラブシーンですが・・・
続きを読む >>
| 映画 | 00:19 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |