CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
イノセンス 幼馴染み 砂原糖子
 
ルチル文庫2010年(アイスノベルズ2005年の文庫化)
議員秘書×幼なじみ

知的障害のある子の話なのかと思って読み始めたけど、これはちょっと違うんじゃないかと。
睦(むつみ)は確かに極端に勉強ができず年齢よりずっと幼い言動をとるけれど、子供の自己中心的でワガママなところもなく、問題行動も起こさないし、対人関係も築けている。

睦は、人が大人になるにつれて失っていくものをずっと持ち続けているピュアな存在の象徴で、砂原さんの作品の「言ノ葉ノ花」とか、「15センチメートル未満の恋」のような、寓話系の話だと思う。

幼稚園のときからずっと、睦は卵焼きと変身ヒーローとふかふかのタオルとお隣のクルちゃんが大好き。
クルちゃんことお隣の優等生、来栖(くるす)は、「普通の子供ではない」睦をいつも守ってきた幼なじみである。

優等生と劣等生という組み合わせは、BLでは定番のカップリングだが、どちらかというと劣等生が優等生に対して引け目をかんじてグルグルするパターンが多いような気がする(それは崎谷はるひだけ?)

しかし嘘も駆け引きも持たない睦は、ただひたすらクルちゃんが大好きで、誰にでも「クルちゃんが好き!」と言う。

そんな睦から高校卒業と同時に逃げ出した来栖と、8年後に東京で再会して同居に至るまでの長い話は、睦視点と来栖視点が交互にあるが、これはやっぱり、来栖の物語なのではないかと私は思う。

中学生で自分は養子だったと知り、人格者だった父親を越える人間にならねばといつも無理をしている来栖の、失ってきた自分の魂の片割れが睦という幼なじみなのだ。

睦が自分を好きなことはよくわかっている。
自分も睦が好きだけど、だからといってどうにもならないと逃げ腰の来栖は、仔犬のように健気に追いかけてくる睦を突き放したり追いすがったり態度が一貫しない。
議員秘書からいずれ政界に出る・・・というキャリアプランも迷いばかり。
大人になっても迷子の来栖に、まっすぐな道を示してくれるのは、嘘を言わない幼なじみの存在だった。

睦は、普通じゃないけど陰湿なイジメにあっているわけでもなく、両親に愛され、いい友達もいる。
ひたすら来栖を慕い続けるところはせつないけれど、「かわいそうな話」ではない。

結局、睦はとてもいい子でみんなに愛されている・・・敵役のお嬢様にまで仕事を紹介してもらってるし。
キワモノかと思ったら、意外にのほほんとしたいい話だった。

エッチはちょっとしたショタ風味になっていますが・・・それもカワイイ。

| 砂原糖子 | 16:07 | comments(3) | - |
15センチメートル未満の恋 砂原糖子

新書館ディアプラス文庫2009年

ドールハウスアーチスト(26)×建築模型制作(26)

砂原さんて『言ノ葉ノ花』みたいなファンタジーも書く人だけど、こりゃまた思いきったイロモノを・・・階段から落ちた拍子に1/12スケールに縮んでしまった!?
こんな漫画あったよね・・・『南くんの恋人』か。
買ったけどなかなか読む勇気(?)がなくてしばらく寝かしてた。

ドールハウス!そこか!
美大の同級生で、ドールハウス製作が趣味だった2人。雪見(ゆきみ)は緻密で精巧な作品にこだわり、無口で鈍感そうな伏木野(ふしきの)はダイナミックで個性的な作風を持っていたため、雪見は勝手に伏木野を敵視していた。
卒業後、雪見は建築模型の会社に入って独立、一方伏木野はドールハウスアーチストとして認められつつあった。

【ネタバレあり】
続きを読む >>
| 砂原糖子 | 16:28 | - | - |
シンプル・イメージ 砂原糖子
高校生(17)×コピーライター(30)
 幻冬舎ルチル文庫 2007年

2003年アイスノベルズの復刊。
ルチル文庫って最近復刊ばっかりじゃーん、っていう話がありますが、版元がすぐ倒産して入手困難になってしまうこの業界、そういうリサイクル営業は読者にとっても作家にとっても一定のメリットはあると思います。
・・・持っているのに「書き下ろし」につられてまた買ってしまうという愚かな行動さえ自制できれば。

書き下ろしはギャグだから買う必要ないよと言われてたのに、やっぱり買ってしまった国枝彩香の『未来の記憶 風の行方』新装版。なんというこらえ性のない・・・でもやっぱりこの作品は何度読んでも面白い。読後感がいいというか・・・何冊持っていても悔いはないわ(汗)。

そしてこの砂原糖子の投稿デビュー作はルチル文庫で初めて読むことができた。
コメディがすべってる『純愛ナルシスト』はノベルズデビュー作で、本当のデビュー作らしいこちらはシリアス。

これはすごくいいですね。
失恋して都会も仕事も捨てて田舎に逃げてきたヒロイン×地元の若者という、年下攻めの定食メニューなんだけど(大好物です)、ほんとにシンプルでピュアで余計なものを加えずにストレートに純愛を描いていてすがすがしい。
たぶん砂原さんらしさはこちらのほうにあるのでしょう。
| 砂原糖子 | 22:52 | comments(0) | - |
恋のはなし 砂原糖子
脚本家(28)×ホテルマン(29)
 新書館ディアプラス文庫 2008年

デビュー作は「抱かれたい男ナンバーワンなのに童貞という悩みを抱える人気スター」というアイデアを生かすにはまだ力量不足だったけど、今ならそういう話をこう書く・・・という作者の成長ぶりがよくわかる新作。

主人公の多和田は、誰からも美しい男と賞賛される美貌のホテルマンだが、恋愛未経験の29歳。その理由は自分が生まれついてのゲイだと知っているから。
男にしか恋愛感情を抱けないからといって男の恋人を探そうとも思わず、人と違う自分に自信が持てない真面目で不器用で純粋なヒロイン。

そんな多和田の性癖を知る親友が「同類」を紹介してくれることになったのだが、「お見合い」の場所に現れたのは伝言を頼まれただけの脚本家・慶吾で、慶吾は誤解されたのを訂正せず、ゲイの男のふりをして付き合い始める。
続きを読む >>
| 砂原糖子 | 23:21 | comments(0) | - |
純愛ナルシスト 砂原糖子
マネージャー(30)×タレント(25)
アイスノベルズ2001年

「センチメンタル・セクスアリス」で砂原糖子のよさをようやくわかってきたので、デビュー作を読んでみた。

瀬名は6年連続「抱かれたい男ナンバーワン」の超人気タレント、世界はオレ様を中心に回っている・・・はずなのに、人には言えない悩みがある。

こんなことなら、右も左も判らない十代半ばのうちに、誰かにお願いしてでも遊んでおくべきだった。ガツガツするなんてみっともない、初めてなんて恥ずかしい、オレは毎日毎晩イタす相手に困っちゃいないんだぜ、あっはっは――なんてバカなプライドで取り繕ううちに、ついにここまできてしまった。

実は25歳にして童貞くんという秘密を抱えて悶々としているスーパースター。
毎年「抱かれたい男ナンバーワン」として雑誌の表紙を飾る自分を見るたびに

もういっそ死んでしまいたい!

すごく面白い設定だと思ったんだけど・・・ちょっとまだ作家の力不足でしたね。
コメディなんだけど、ギャグもすべり気味だし、芸能界の知識が不足ってうかそれ以前の問題としていまどき「書き割り」で撮るドラマなんてないでしょう・・・。

でもやっぱ設定で書く人なんだなということはわかった。
攻め(マネージャー)が瀬名にコ○ドームの装着方法を教えるところが、エロおかしかった。

しかしなんかもったいないなーこの話。崎谷はるひみたいに自分でリメイクするのはどうでしょう。
| 砂原糖子 | 00:31 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>