CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
逃亡 佐藤ラカン
少年(16)×弁護士の卵(24)
 ゲンキノベルズ2001年

久々の新刊『長靴をはいた黒猫』を何度も読み返し、さらに既読本も読み返してすっかり佐藤ラカン祭り。

この『逃亡』が最初に読んだ佐藤ラカンだった。
そのときの読書ノートを見ると
「文体に魅力はあるが、登場人物が煩雑すぎて小説としてのまとまりに欠ける」とある(2004年7月17日。まだブログを始めていなかったので言いたい放題)。

いや、そうじゃないよと今読み返してみて思う。

たまたま銀行強盗に遭遇し、人質になってしまった椋太(りょうた)・・・強盗は施設から逃げてきた少年だった。
偶然のなりゆきから「逃げる」ということに目覚める椋太。義兄の性的虐待から・・・弁護士一家の重圧から・・・具体的には銀行強盗とその人質を追う警察から逃げているわけだが・・・逃げて逃げてこれまで囚われていたことからどんどん自由になっていく。

一方追いかける義兄の梓也(しょうや)と、それを追う刑事の安西と吉川。
安西は「汚ギャル」ならぬ「汚オヤジ」だが、フェロモン垂れ流しの野人で、部下の吉川にはセクハラやり放題、そしてクールビューチーな梓也兄貴にもイケナイことを・・・。かなり手癖の悪い男です。
さらに椋太の逃亡の手助けをする謎の大金持ち佐伯も、ヤバさでは梓也以上。

普通のBL作家だったら、このクセのある脇キャラたちで何冊も書いてシリーズにするところだが、これ1冊きりなんだよね。
そういうところがこの人あんまりBL書きに向いてないのかも・・・と思ってしまうところなのだが・・・萌えどころは満載です。

もっととりとめのない話だったような気がしていたが、最後にそれから7年後の結末もあり・・・なんだ、きれいにまとまっているではないか。
ラカンの中では比較的ボーイズラブらしい話ではないか、と思います。
| 佐藤ラカン | 23:40 | comments(0) | - |
長靴をはいた黒猫 佐藤ラカン
シェフ(28)×ギャルソン(27)
オンライン書店ビーケーワン:長靴をはいた黒猫 二見書房シャレード文庫 2007年

久々に佐藤ラカンの新刊が出ていることを知ってドキドキしてしまった。
この人は独自の文体、独自のスタイルを持っている・・・それはある意味「難解」なんだけどね。

その人の愛する猫はまじりけのない黒く艶やかな身体をくねらせながら円卓の周りで実に見事なダンスを披露してみせる。だが円卓を囲む人は猫がダンスを踊っていることに気づかない。猫はけしてバタバタと足音を立てないからだ。

この書き出しを見たとき、その持ち味が健在であることがわかってホッとした。
この本はあらすじを読んでも、どんな話かよくわからないと思う。それはあらすじの書き方が下手なのではなく、読んでもわからないような話なのだ。わからないように書いている。

物語はフランス料理店「黒猫亭」の雇われシェフである鷹島(たかしま)の一人称で語られるのだが、この鷹島の視点があまりに狭く歪んでいるために、読者は最後まで歪んだ世界しか見ることができない。
続きを読む >>
| 佐藤ラカン | 23:30 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |