CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ドクターの恋 小川いら
 幻冬舎ルチル文庫2009年

外科医(36)×麻酔科医(28)

私の個人的な見解ですけど、麻酔科医は変人が多い・・・と思う。
以前、手術をした病院の麻酔科医も、当時人気の若手俳優に似たいい男だったけど・・・変人だったなあ。
麻酔薬を専門に扱っているうちにハマってしまうのか、麻薬の濫用で捕まる麻酔科医も少なくない。

総合病院に勤務する麻酔科医、譲(ゆずる)はとても真面目な医師である。
しかしその美貌のせいで誤解を受けやすい・・・取り澄ましていて近寄りがたいと思われ、無意味に敵を作ってしまう(と自分で思っている)。
不器用すぎて恋人もできず、職場では上司に目の敵にされていじめられ、それを気に病んで不眠症・・・眠れない麻酔科医なのである。

そんな譲の職場にアメリカ帰りのスゴ腕外科医・徳原がやってくる。
36歳独身でハンサム。ゲイである譲は好みのタイプだと思っても、臆病で小心なのでアプローチすることもできない。

それなのに、まだそれほど親しくもない徳原に食事に誘われ、巧みなリードでその夜のうちに体を重ねてしまう。
そこで徳原は自分に惚れてるんだ・・・とは思わないところが、なんと言うか、譲の変わったところだと思う

手軽な遊び相手だと思われたんだと勝手に思い込み、男の意地で「遊びなれた男」を演じているうちに、どんどん本気で好きになってしまい「どうしようどうしよう」と追い込まれていく。

BLというラブストーリーではこういう話の結末は一つしかない。
そこに向かって進んでいくわけだけど、結末がわかっているから面白い話というものがある。
これはまさしくそれですね。

真面目で不器用なヒロインを、年上の男の大きな愛と包容力でしっかり受け止める・・・定番中の定番だけに安心して読める。

しかし・・・最後に徳原がアメリカから帰国した理由ってのがわかって、それは意外なものではないのだけど、この外科医、ちょっと手が早すぎやしませんか??というのが率直な感想であります。
| 小川いら | 22:26 | comments(0) | - |
太陽を抱く男 小川いら
職業不詳(34)×大学生(18)
 幻冬舎ルチル文庫 2007年

『獅子座の男』の続編。
「レオが好き」と思いを決めた一途な「泣き虫バンビ」有季はすでに最強である。
どんなひどいことを言われて理不尽な仕打ちで泣かされても、自分の知りたいことはしつこく聞き、自分がこうと思ったことは曲げないマイペースぶりにレオも手を焼いている。

今回の話は、有季がちょっとした反抗心からレオのライバルに近寄り、痛い目を見てまたレオの懐に戻る・・・というような展開だけど(その危機一髪はちょっと安手なんですが)、そうこうするうちにレオの正体も徐々に見えてくるという・・・。

レオは悪者ぶっているけど、本当の悪人ではない。
「ちゃんと働いて税金も払って投票にも行くまっとうな東京都民」(←本人の弁)
それは予測がついたけれど、だんだん見えてきた有季の将来像は・・・ちょっと意外。

『獅子座の男』の最初のほうに、父の希望で政治学科に進んだが内気な自分が政治に向いてるとは思えない・・・みたいなことがチラっと書いてあって、「ま、そうだろうね」と思って読んできたが・・・誰にでも何にでも正面からぶつかっていくところ、無駄に正義感が強いところは意外に政治家向きの資質かも・・・。

問題なのはレオ。
「あんなに骨抜きにしてやったつもりなのに」とか言ってるけど、骨抜きにされているのは自分・・・なのにけしてそれを認めようとせず、今日も有季をさんざんに(ベッドで)苛めて泣かせて全然悪くないのに「ごめんなさい」と謝らせて、その姿がいじらしくて可愛くてたまらず、また苛める・・・というループにはまっている獅子座の男。大丈夫かあ?

こういう話はえてして攻めがすぐヘタレてしまうものだが、レオが自分が夢中になっていることを(まだ)認めてないので、かろうじて「このド淫乱」「ごめんなさい」プレイは続行中・・・この続きが読みたいものだ。
| 小川いら | 00:18 | comments(0) | - |
獅子座の男 小川いら
職業不詳(34)×大学生(18)
 幻冬舎ルチル文庫 2006年

大学進学で東京に出てきたばかりの有季(ゆうき)は、新宿でからまれているところを「レオ」と呼ばれる怪しげな男に助けられる。レオにお礼を言いたくて会いに行けば、逆に有季の家に押しかけてきて身体でお礼を払わせられてしまう。

なんか展開が読める話だなーと思ってあんまり食指が動かなかったのだが・・・読んでみたらやっぱり純情な田舎モンをからかったつもりの傲慢男がメロメロになっていく、という定石どおりの運びなんだけど、キャラクターに魅力があって、あと少しで読み終わりそうなところであわてて書店に駆け込んで続編を買ってしまった。

大学生の仕送りの平均が何年ぶりかで8万円を切ったというニュースがありましたが、学生マンションの家賃のほかに仕送り10万という有季は恵まれてるというべきだろう。でも地方の市会議員の息子である有季は、都会のお金持ちのボンボンとはちょっと違う。
親に負担をかけたくないという理由で国立大学に進み、自分は恵まれているんだから無駄遣いしてはいけないと慎ましく暮らす生真面目な子。でもちょっと、いやかなり寝ボケてる。新宿に本を買いに出かけただけでチンピラにからまれるって・・・いったいどこに迷い込んだのよ。

警戒心のない草食動物のような有季だから、新宿をナワバリにしている肉食獣レオに一口で食べられてしまうのだが・・・結果的にライオンはとんでもないものを食べてしまったのだった・・・(以下次号に続く)。
| 小川いら | 23:09 | comments(0) | - |
七代目、お譲りします 小川いら
三男×長男/若頭×次男/弁護士×四男
 幻冬舎ルチル文庫 2008年

「盃、いただきました」は、父親と二人暮らしだった高校生の主人公が、父の死によって本当はヤクザの組長の孫だったことが判明、本家の跡取りとして新しい生活を始めるという話だったが、そこには3人の兄がいて・・・。

4人兄弟総ホモ
BLでは珍しくない設定・・・っていうか、このありえなさがBLの楽しみ。
前作は、突然の事故で父を亡くした四男澪(みお)と弁護士高原の出会いがメインで、兄たちは「こいつらってできてるの?」というところまでで「以下次号につづく」というかんじだった。

今回は「兄弟ホモ福袋」あるいは「兄弟ホモ食べ放題」状態と言うか・・・。
図体のでかい甘えっ子三男令にじわじわと喰われていく、優しい長兄仁。
女王様受けの次男優と「命に代えても一生お守りします」の下僕攻め中岡。
そしてオマケは高原と澪のバカップル編。

時間的には澪が戻ってきた前作より前に戻ってそれそれの事情があきらかになるという、それぞれにオイシイとこ取りである。
なんでヤクザの家に男が3人もいてみんなインテリなのかっていうと、これは「極道もの」ではなくホームドラマだからなのである。

家長である祖父を立て、兄弟仲良く、舎弟たちにも目を配り・・・これは大家族の商売繁盛ものというべきだろう。
こちらから先に読んでも問題ない。
| 小川いら | 10:22 | comments(0) | - |
太陽はいつだって強引 小川いら
外科医(33)×通訳(28)
オンライン書店ビーケーワン:太陽はいつだって強引 白泉社花丸文庫 2002年

誕生日に温泉で読んだ小川いら。
スリランカ? ライアン? あらすじを見てちょっと警戒してたけど、これは大ヒット。

ライアン・毅(つよし)・ゾンベルト・・・めちゃめちゃ好みです。惚れました。

日本人を母に持つオランダ系アメリカ人、優秀な外科医にして屈強な傭兵のような体躯を持ち、世界の紛争地域を股にかける医療ボランティア・・・太陽のようにおおらかで、生きているものすべてに平等にやさしく、その才能と人生をボランティアに捧げている。

「この男に欠けているものは、ズバリ金と欲・・・そして慎み」
と思っているのは、通訳ボランティアとしてスリランカで出会ったその日から、ゲイであるライアンにオープンに口説かれ、帰国前夜ついに「情熱的な過ち」を犯してしまった選(スグル)。

「なかったこと」として日本に帰ってきたスグルを追うようにライアンが日本にやってきて、スグルのマンションに転がり込む・・・。

続きを読む >>
| 小川いら | 00:28 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>