CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ミッション 水壬楓子
クリスタル文庫2002年
大学生(19)×麻薬取締官(27)

いや〜なんだかねえ。「荒唐無稽」という言葉が裸足で逃げるような事実が次々と出てくると、小説を読む気が失せるっていうか。
実は極道のお嬢だったアイドル、逃走に手を貸す元ブラック弁護士、心肺停止した女を放置して逃げる三流俳優・・・小説の設定だったとしてもちょっと安っぽくないか?

しかし恐ろしいのは薬物中毒。こうも世の中に薬物が蔓延してるとは・・・ここはぜひかっこいいマトリに活躍してもらわないと。ってわけで急にマトリものが読みたくなった。

マトリものといえば、剛しいらの、オヤジ上司と肉じゃが新妻の「惚れたら最期」「惚れたら危険」もいいけど、久しぶりに「ミッション」を再読してみる。
これは水壬楓子の中では「年下攻め」っていうところもレアだけど、ちょっと他にない味わいの作品だと思う。

俊広(としひろ)は達生(たつき)の親友の弟で、8歳年下。
自分になついていた子供も成長して高校生になり色気づいて達生を押し倒す・・・それを拒絶して以来3年ぶりの再会は、身分を隠しての潜入捜査のためだった。

覚醒剤に手を出し自らも密売組織の一員になってしまった親友と、何も知らず一途に自分を慕ってくる俊広との板挟みになりながら任務を遂行する達生。

家族経営のリゾートホテルを舞台にした麻薬取引の捕り物アクションだが、年下にガンガン迫られてよろめきそうになりながらもボロボロになっても踏ん張る達生のタフなヒロインぶりがいい。
最後に明らかになる達生の生い立ちも初読のときは「そんな・・・」と思ったけど、今読むと世の中には普通にあることなんだなと納得できる。

押し倒すしか能のない年下大型ワンコも、やっと達生の大人の強さに気が付き、大人になって出直すというハッピーエンドも清々しい。

しかしかわいそうなのは、麻薬中毒患者を親に持つ子供・・・。
| 水壬楓子 | 11:39 | comments(0) | - |
スキャンダル(上)(下) 水壬楓子
代議士(35)×高校生(16)



リンクスロマンス2009年

ボーイズラブ小説を読み始めてこの春で丸5年。ここらで読者層も入れ替わりなのか、最近は自分が買った本の「新装版」が多くなってきた気がするんだけど・・・実はBL小説の読者人口は停滞していて同じ人間が何回も買わされているだけという恐ろしい推測もあり・・・。

この「スキャンダル」は私が読み始めた2004年の段階ですでに絶版で、たぶん初めてオークションで手に入れた本じゃないかと思う。
バニラ新書全3巻(1999年)の新装版。せっかくオークションで手に入れたのにすでに手元にないのは、「もう二度と読みたくないわ」と思ったわけではなく、過激な表紙と特殊なレイアウトで電車の中でも読めないし家でも人がいると読めない・・・今はもうない「バニラ新書」の明確なポルノ路線は尊敬に値するのだが・・・保管に困るシロモノだった。

妻もある若手代議士の祥彰(よしあき)は、実はバリバリのゲイで、結婚は偽装、二世代議士でもある妻も承知の上でセックスの相手として養護施設から佑士(ゆうじ)を養子に迎える。

・・・というトンでもない設定で、養子になった佑士は祥彰の政敵に拉致監禁され、さんざんな性的暴行を加えられた揚句、スーツケースに詰め込まれて海外に「輸出」されそうになるところを危機一髪で助け出されるものの、「汚れてしまった自分はもう役に立たない」と悲観して、着のみ着のままで家を出ていく。

つまり・・・貧しく不幸な生い立ちの子供が、裕福な保護者に拾われ、波瀾万丈あって最後は幸せになるという、思いっきりベタな展開なんだけど、その後ヤクザものからファンタジーまで多彩なBL作品を描き続けて今日まで活躍中のベテラン作家の初期作品には、妙な「勢い」があって読み始めると止まらない・・・。

新装版にあたり相当な改稿(リメイク)がされているものの・・・その無茶なパワーは十分に残っていると思う。
続きを読む >>
| 水壬楓子 | 14:46 | comments(0) | - |
クランクイン 水壬楓子
俳優(33)×俳優(30)
 幻冬舎リンクスロマンス 2007年

待ち遠しかった「ラブシーン」の続編。
「いじめられヒロイン」の千波ちゃんは、弱いところがあるくせに意地っ張りで、それが災いして「ラブシーン」ではめちゃめちゃ悲惨な目に遭う。

自殺寸前のボロボロ状態を恋人の依光に励まされ、泣き寝入りせずに自分を暴行した男を告訴・・・けれど人気俳優としてのイメージは取り返しのつかない痛手を受け、千波はすべてを捨てて一人アメリカに旅立つ決心をするという微妙なハッピーエンドの前作だったので、その後千波はどうなったか? 気になってしょうがないでしょ。

あれから2年、単身アメリカに渡った千波は新天地でゼロからスタート、演劇学校に通いワークショップに参加して、エキストラから始めてインディーズ映画の役をつかみ、少しずつハリウッドでの仕事の足場を築いていく。

こういう芸能ものって、話の中の「架空の芸能界」がいかにそれらしく書かれているかが勝負だと思うけど、意外なことに(といっては失礼だけど)アメリカの芸能界だったらこういうことが可能かも・・・と思えるくらいに具体的に書かれている。
そして異文化の環境で地道な努力を一歩一歩重ねてきた千波は強くなった。

LOVEのほうですが、なんと日本に残した依光とは2年間一度も会っていない。メールや電話のやりとりだけという「遠距離恋愛」。
さすがにお互い限界?というところで、砂漠のロケ地に依光がいきなりやってくる・・・今回Hはけっこう濃厚ですね。2年ぶりだし?

ハリウッドスターのジーンが当て馬としてもっと暴れるかと思ったらそういうことはなく、僕たちこれからどうするの?っていう話です。
すっかり強くなってもう自分は必要ではないのではないかと悩む依光、いつまでも自分と付き合っていたら依光の足を引っ張るのではないかと悩む千波。

さらに映画出演のオファーを受けて、日本の芸能界に復帰するかどうか。
日本に戻ればスキャンダルの記憶を蒸し返して依光も巻き込んでしまうのではないかと恐れる千波に依光が言う。

「誰に何を言われても毅然と顔を上げていろ」「その代わり、俺のところで泣いていいから」

いい奴だなあ、依光っちゃん。
やっと幸せな気持ちになれた続編でした。
| 水壬楓子 | 10:27 | comments(0) | - |
ファイナルカット 水壬楓子
映画監督(48)×俳優(32)
 幻冬舎リンクスロマンス

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

しかし・・・2007年の1冊目がいきなり「ファイナル」ってどうなのよ?
でも面白かったんだもの。

『ラブシーン』の脇役だった映画監督と俳優のカップルは、48歳オヤジ攻め。
ヒロインも32歳で、これが年下攻めならば「年増受け」といってもいい高齢カップル。

傲岸不遜で自分勝手、一回り以上も若い愛人をいじめて泣かせて楽しむ「人でなしオヤジ」・・・これでエリート医者とかなら嫌味なところだが、映画監督という設定がポイント。

イラストでこそヒゲ面の精悍なオヤジに描かれてるけれど、作中での木佐監督は特に男前とも書かれてない、金持ちでもない、身につけるものも無頓着、愛人の部屋でゴロゴロしている様子はだらしのないただのオヤジ・・・しかし俳優なら誰でも彼の映画にキャスティングされたいと切望する世界的に有名な鬼才である。

48歳にもなって、オトナゲのないわがままがチャーミングに思えるのは、ひとえにこの才能ある映画監督という特殊なポジションのおかげ。
そんな木佐に家柄も警察官僚のキャリアも捨てて、身も心も投げ出して尽くす野田もたいがいド演歌なヒロインだけど、たまにしか映画を撮らない、つまりたいして稼いでいそうもない、風貌も冴えない「映画監督」に、人もうらやむ美人女優(とか美人バレリーナとか)が妻として寄り添う図式は現実でもよくあることである。

自分で泣かしておいて「バカ。そんなに可愛く泣くんじゃねえよ」なんて言う、人でなしなところがたまりませんね。つまり、それだけ監督の「カリスマ性」がしっかり描かれているということだろう。

新年早々、いきなりオヤジ濃度200%でしたが、オヤジスキーには縁起のいい春ということで・・・。
| 水壬楓子 | 21:18 | comments(0) | - |
ラブシーン 水壬楓子
俳優(30)×俳優(27)
 幻冬舎リンクスロマンス 2006年

水壬楓子はファンタジーに本領を発揮する人で、現代ものは良くも悪くも生ぬるい・・・あるいは徹底的にリアリティ無視なところが持ち味ですが・・・この芸能界ものは珍しくシリアスでした。

[SCENE1]では、最初の男に捨てられたトラウマから立ち直れない千波(ちなみ)が、セフレという建前で同居している依光(よりみつ)の本当の愛情に気がつく・・・という水壬楓子らしい甘いラブストーリー。
千波は最近ようやく人気俳優の仲間入りをした若手の有望株。
好きで時代劇の「斬られ役」をやってる依光は、年上だけど劇団時代は千波の後輩だったという設定で、どこか「年下ワンコ」的な攻めである。

[SCENE2]は、千波の昔の男が逆恨みして、千波を拉致監禁、薬を打って集団暴行・・・そこまではよくある展開だが、王子様は姫君の危機一髪を救えず、レ○プ画像がネットに流出してしまう。
続きを読む >>
| 水壬楓子 | 12:09 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |