CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
天国みたいなキスをして 菱沢九月
 角川ルビー文庫2001年

医大生(19)×菓子職人(24)

札幌の古本屋で・・・あれ?これって読んでないよね?と思って連れて帰ってきたけっこう古いルビー文庫。

隆文(たかふみ)と遥司(ようじ)は幼なじみ。
5歳年上の遥司は、高卒で菓子職人となって東京で修業ののち地元に戻り、弟の親友だった隆文と恋人同士になった。
独立して店を持とうとしている遥司に、東京から師匠の三嶺(みむね)がやってきて、神戸支店の店長になれと強引に引き抜きこうとする。

さらに三嶺は、隆文に「おれが遥司の初めての男だ」と宣戦布告。
遥司を巡って、昔の男VS今の男のバトルの火ぶたが切って落とされる。

この「世界的に有名な天才パティシエ」のオトナゲのなさが面白い・・・あれ?この人って「好きって100回言ってみな」の攻め? 

「小説家シリーズ」が完結したときに、こちらも再読しようと思ったんだけど、ルビー文庫のコンテナがあまりに深い地層に入っていたので取り出せなかった。

こんどこそやっと発掘して「好きって100回言ってみな」「いいから黙って愛されな」を再読。
やっぱりこの三嶺だったんだ・・・でも話は全くリンクしてない。ここではただの当て馬である。

まだ何者でもない学生の隆文は、成功した大人である三嶺の登場に動揺するが、遥司の隆文への気持ちは少しも揺るがない。
つまり最初からデキている甘いカップルにちょっとだけ波が起きて、結局何事もなく甘く終わるだけの話なんだけど、甘さが濃厚なのは、この話そのものがいくつもの物語の「その後」「それ以前」になっているからではないかと思う。

小学校のときから好きだった初恋のお兄さんが、東京に行ってる間に中学生から高校生になり、色っぽくなって帰ってきたお兄さんとやっと恋人になった隆文。

上京して憧れのパティシエの弟子になり、製菓技術も恋愛も手取り足とり教えられたけれども、「これは違う」と気付いて別れ故郷に戻り、知らない間に男になっていた幼なじみと結ばれた遥司。

さらに、隆文はこの段階では学生だけど、数年後には医師になることが決まっている。
医師とパティシエのカップルになるわけで、人生そこからいろいろ・・・そんな二人の蜜月の一コマなのだ。

しかし、三嶺は見かけによらず「かわいいもの好き」で、高校時代から目をつけていた弟子に振られたあと、もっと小さい子に一目惚れしちゃったわけだ。

やっぱりこういう自信家には、いつかライバルとなる同業者よりも、「甘いものキライ」くらいの子のほうがよかったんだよ・・・と納得。
| 菱沢九月 | 17:50 | comments(0) | - |
小説家は宣誓する 菱沢九月
 徳間書店キャラ文庫2009年

小説家(30)×コック(25)

「小説家シリーズ」の完結編?! 今ごろ??
っていうか、あれって2冊で完結してたわけじゃないんだ。

「小説家は懺悔する」(2005年)
「小説家は束縛する」(2005年)

とりあえず自分のブログ記事で復習してから読んだら・・・小説家を描いた小説としても、BLとしてもとてもいいんだな、これが。
あらためて1冊目から読み直し、もう一度完結編を読み、また1冊目に戻り・・・ただいまループしてます。

小説家の佐々原と料理人の律。

この二人って、いわば「見合い結婚」だったんだよね。
二人の辛い過去を知っている共通の友人が、うまくいくんじゃないかと思ってくっつけたら、本当にうまくいっちゃった、みたいな。

紆余曲折の末、律にも厨房での仕事復帰を認め、共働き生活も安定してきた1年後、佐々原が大きな賞を取って、身辺が騒がしくなる。

律は小説を読まない人なので、佐々原の小説も読まない。
そういう人は多いしむしろ健全だよね、と私は思うけど、小説家のパートナーとして自分はふさわしいのかとか再びグルグルし始めたときに、熱心に口説いてくる年上の編集者にうっかりときめいてしまって、罪悪感を感じてしまったり。

といっても別に佐々原に浮気を誤解されて・・・みたいな、ありがちな話ではない。

今回は、律の話を書いているようで、「小説家の生き方」とはいかなるものか、ということを書いている。

続きを読む >>
| 菱沢九月 | 22:38 | comments(0) | - |
年下の彼氏 菱沢九月
学生(21)×塾講師(28)
 キャラ文庫2008年

菱沢九月を久しぶりに読んだらすごくよかった。
あまりに久しぶりなんで、どんな小説を書く人だったっけと今「溺れる体温」を読み返し中です。

真面目で臆病な2人のスローな恋・・・といっても、一昔前のBLのようにくっつくまでに何巻も読まなくちゃ・・・というわけではなく、1冊の(文庫としては厚い)わりと前半で一緒のベッドに入るところまでは行くのだが・・・。

学習塾の講師、楓(かえで)と学生バイト講師の鴻島(こうじま)。
お互いに1年以上も片想いしていたのに、告白するなんて考えもせず、中学生の文通のようなメールのやりとりをしていた2人。
しかしナイスな当て馬くんのグッジョブのおかげで、鴻島が玉砕覚悟の告白してみたら、なーんだ両想いだったんだんじゃん、めでたしめでたし・・・そこで普通はさっそく最初の熱い場面になだれ込むと思うんだけど・・・(だって大人同士じゃん?)ここからがスローなんである。

続きを読む >>
| 菱沢九月 | 23:26 | comments(0) | - |
小説家は束縛する 菱沢九月
作家(30)×料理人(25)
 徳間書店キャラ文庫 2005年

愛する人のために毎日おいしい料理を作るヒロイン・・・BLでは珍しいパターンかもしれないが律にとって料理は家事労働ではなく、プロの仕事なのである。
でも律は作家のお抱えシェフではなく、嫁さんでもある・・・。

それにしても作家の妻。
夫が毎日朝から晩まで家にいて、一日3回食事を作るのもうっとおしいけど(!?)、いつ起きてくるのかいつ食べるのかわからない人のために食事を用意して、仕事部屋から出てくるのをひたすら待つ。
そんな生活、耐えられます? 奥さん!

でも律は「恋人が嫌がるなら・・・」とアルバイトをしたいということもなかなか言い出せない。
こんな殊勝な女がいまどきいるだろうか?(というところも崎谷はるひと共通する)
続きを読む >>
| 菱沢九月 | 18:37 | comments(0) | - |
小説家は懺悔する 菱沢九月
作家(29)×料理人(24)
 徳間書店キャラ文庫 2005年

帰省には荷物にならない文庫本を・・・と思ってキープしていたシリーズ2冊。
作家(または漫画家)とハウスキーパー。これもおなじみの設定だが、まず作家が攻か受かで大きく違ってくる。
これは作家が攻なんだけど、ヒロインはプロの料理人である。

プロの料理人が「受」ってのも珍しくないですか? プロにおいしい料理を作ってもらえるのは圧倒的にヒロインの特権のはず。
この作家の『好きって100回言ってみな』は、パテシエ攻だけど、ケーキが苦手なヒロインのためにいつもおいしい料理を作ってくれる。

さらにこのヒロインは年下だけど男遍歴は豊富。それも奔放なのではなく、男運がないというか男を見る目がないというか「ダメな男」に尽くして逃げられたり捨てられたりする「底の浅い恋愛体質」。

同棲していた雇い主でもあるレストラン店長に夜逃げされ、ある日突然仕事も住むところも失った律には、いつも彼の身の上を心配してくれる親友の克己がいる・・・というと実はこの親友が本命?と、先読みしたくなるが、本当に親友なのだ。

傷心の律は、克己の兄から人気作家の家に住み込みの仕事を紹介される。
男に捨てられたゲイということを承知していた作家の佐々原は、その日のうちに律を抱く。作家の好奇心で抱かれているだけだと思いながらも、捨てられて心が寂しい律は佐々原を受け入れてしまう。
そんな関係から始まった二人が、お互いをかけがえのないパートナーと認めるまでの話。

親を早くに亡くしている律にはファザコンなところもあるが、家庭に恵まれていなかった分、いつも自分の居場所に確信を持てなくて次々にダメ男に尽くして甘やかしてしまうタイプ。いるよね、そういう人(女)って。

わがままで傲慢で嘘つきな売れっ子作家、実はヘビーな過去を負っている男が、律に甘え律の居場所になる・・・理想的な割れ鍋にとじ蓋カップルの誕生である(つづく)。
| 菱沢九月 | 09:52 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>