CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
愛にふれさせてくれ 夜光花
刑事(26)×ピアノ調律師(26)
 ラヴァーズ文庫 2005年

未読の作家を選ぶ際のタイトル禁止語のひとつが「ケダモノ」で、「ナントカはケダモノ」みたいなタイトルには手を出さないことにしている。
でも人の心のうちのケダモノを描いた話は嫌いではない。

札幌で読んだ本は偶然にもケダモノシリーズ?だった。

「月を抱いた」夜光花
「灼熱を呼べ」夜光花
「愛にふれさせてくれ」夜光花
「最愛」いおかいつき

この中で一番よかったのがこの「愛にふれさせてくれ」ですね。

世界中をぶち壊してもお前だけがいればいい・・・そんなストーカーじみた執着を描いた話が好まれるのは、そんな絶対的情熱を(かっこいい男に)捧げられたい願望でしょうか?

ゆえにどんなに強引でどんなに自分勝手でしつこくても、そのケダモノ性は最終的には肯定的に描かれるのが普通だ。
続きを読む >>
| 夜光花 | 00:36 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |