CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
御曹司の口説き方  鳩村衣杏
 リブレ出版2010年

会社員(28)×会社員(28)

いかん・・・あまりにもサボりすぎた。
長い猛暑もようやく去り、「もう暑くて暑くて」もそろそろ言い訳にならない・・・。

鳩村衣杏、コンスタントに新刊を出し続けている作家の中でも、作風が大きく変わってきた人だと思う。
「映画館で逢いましょう」の頃の、地に足のついた職業ものからメロドラマ路線に進出、まではよかったんだけど、ここのところ「サービス過剰では?」と思う作品もあり、ちょっと様子を見てから買うようになってました。

初の角川ルビー文庫「恋する男はいつも傲慢」は、独立したばかりのやり手代理店社長が、取り引き先の社長の甘ったれ息子をバイトで鍛える話。
初期の鳩村テイストに今の鳩村さんのサービス精神がミックスされて、久々にいいかんじ。

続くビーボーイノベルズ新刊が、この御曹司×御曹司
当然のことながら、御曹司は職業ではない。

華族の末裔、鷹藪家の当主である鷹藪千里(たかやぶせんり)は、シンクタンク勤務、グローバル企業の創始者の直系、跡取りの宝生虎之介(ほうしょうとらのすけ)は、有名飲料メーカー勤務のサラリーマンである。

二人は共通の幼なじみである勇美をめぐってライバル関係にあり、勇美の結婚を阻止するために共同戦線を張る・・・というのは、いささかマンガチックなドタバタ劇で、こういう設定じゃなくてもよかった気がするんだけど、この2人のタイプが違う男前の御曹司の描き方がなかなか面白い。

御曹司といっても、旧家の当主には旧家の当主の苦労があるし、大金持ちの跡取りゆえの苦労もある・・・街のベーカリーの息子である勇美を追うのは、そんな二人にとってオアシスだったのかも。

それともう一つ重要な点!
ゲイである千里は、本来攻めなのだ。バイの虎之介に対しては「暫定受け」・・・リバになる可能性はあまりなさそうだけど、無駄に恥らったりしない男らしい「サムライ受け」なところが好ましい。

千里が買っていた男娼、鷹藪家の執事、虎之介の双子の弟たち・・・ちらっと出てくる脇役も印象的なので、続編またはスピンオフがありそう。

| 鳩村衣杏 | 16:52 | comments(0) | - |
恋情の雨が君を濡らす 鳩村衣杏
 ガッシュ文庫2010年

アナリスト(35)×社長秘書(34)

最近、布団に入ってから本を読もうと思っても、すぐに電気つけっぱで寝オチしてしまうのだが、久々に読むほどに目が冴えて、最後までやめられない本だった。
そういえば、前作「追憶のキスを君は奪う」も最後までやめられなくて寝不足になったっけ。

年下攻め×トラウマ受けの前作(弟編)と、王子様攻め×毒婦受けの本作(兄編)は全く違う話なのに、最初に薄く伏線があって、読者は予想がつくんだけど、それがどこでどういう形で明らかになるのか、そしてどこに転がっていくのか・・・ハラハラドキドキという展開と、結局この兄弟、正反対だけどやるこた似てるじゃん・・・というところで、前作から5年もたってるのに、見事に一対となっている。

生まれ育ちもよく、勉強もスポーツもできて性格もよくて人望も厚い「王子様」の森江は、妻の不倫妊娠が原因で離婚。
見合いで愛情もなく結婚したとかいうわけではない。
心から相手を幸せにしたいと思って結婚したのに、なんの落ち度もなく「手切れ金」を渡されて捨てられた傷心の王子様。

高学歴・高収入・高身長、ハンサムで性格もやさしくて・・・誰が見ても高スペックの相手と「どうしても愛情がわかない」という理由で離婚した友人のことを思い出し、そういうことってあるんだよね、結婚ってとしみじみ思った。

そして理性が「あんな女(男)やめとけ」と止めても、「どういう家に住んでるのか見たい」「どうしても会いたい」という気持ちが走り出すのが恋・・・。

1年の休養を経て、再就職した会社の有能な社長秘書、佳道(よしみち)の楚々としてつつましい風情に、傷ついたオトコゴコロが引かれていく・・・。

【以下ネタバレ注意】
続きを読む >>
| 鳩村衣杏 | 07:53 | comments(2) | - |
半化粧の恋 鳩村衣杏
元華族(29)×元使用人(27)

海王社ガッシュ文庫2009年

大正十二年五月、半身にひどい火傷の跡があることから「半化粧の景」と呼ばれる博徒の景(けい)は、10年の刑期を終えた充洋(みつひろ)を刑務所に迎えに行く。
かつての主人であり恩人であり憧れのお坊ちゃまであった充洋を、陽の当たる場所に再び帰すこと・・・それだけを願って出所を待っていた景に、充洋は自分も景と同じヤクザの道に入ると言う。

その美しい容姿を見初められて、魚屋の小僧から華族のお屋敷の奉公人に引き抜かれ、男色家の当主の閨の相手をさせられる15歳の景と、何も知らずに優しく文字を教えてくれる気高いお坊ちゃまとの清らかな過去と、侠客と前科者となった10年後の2人の現在が華やかに交錯する。

2人とも最初からお互いが好きで、離れていた10年間、お互いの幸せばかりを考えていたのに全く方向がかみ合ってない・・・という話なのだが、最後がなるほどそういうこと・・・うかつにもなぜ大正十二年の5月から話が始まっているのか気付かなかった。

鳩村さん初の時代物。
続きを読む >>
| 鳩村衣杏 | 11:59 | comments(0) | - |
不運な不破氏の愛人契約 鳩村衣杏
会社役員(30)×無職(35)
 アズノベルズ 2008年

鳩村さんは「新刊は必ず買う作家」のランクに入っているのだが・・・「リストラされたダメ男が双子と愛人契約を結ぶ」みたいなあらすじゆえしばらく放置していた。
ところが読んでみたら意外な方向に面白かった。

あらすじと全然違うってわけじゃないんだけど・・・金持ちの攻めに「そのかわり私の所有物になっていただきたいのです」なんて迫られるのはお約束なんだけど、バツイチ、リストラ男・不破氏の人生航路が面白い。(変態ツインズのほうは理解できないけど)

不破の親が始めて姉が継いだ街の喫茶店が経営難に陥る・・・その背景は今日的だし、店の再建と離婚した姉と甥姪のために何が必要か、元デパート経理の不破は現実的な対策を立てられるちゃんとした大人でけして「ダメ男」ではない。

なので出資を申し出た企業の御曹司・栄から「金は出すから愛人になれ」という非常識な要求に動揺しつつも
「この申し出を受けたほうがいいに決まってる。宝くじでにも当たらない限り、まとまった金を手にすることは不可能だ。少なくとも、こんな自分に価値があると思う人間、大金を払ってくれる人間など世界中探してもこの男しかいないだろう」
という現実的・合理的な判断を瞬時に下すところが・・・男らしい。

そっくりな双子の弟・光が出てくるものの、3Pというほどのプレイはなく、タイトルのわりには意外にノーマル?(なので3Pを期待して読むと期待はずれです)
かつて有名カフェの伝説のギャルソンだった不破が、青春の輝きと年下の恋人を手に入れる・・・シンデレラオヤジもの? だと思います。
| 鳩村衣杏 | 10:24 | comments(0) | - |
天女の眠る庭 鳩村衣杏
画家(31)×医師(29)
 幻冬舎リンクスロマンス 2008年

鳩村さんはちょっと話を複雑にしすぎるきらいがあって、それが裏目に出ることもあるけど、ハマったときはとてもいいね。

初恋の人の死という過去を乗り越えられず、頑なに心を閉ざしている美貌の医師が、母の茶道教室の生徒である日英ハーフの画家に強引に口説かれる・・・設定だけでもかなりてんこ盛り感があるけど、私がBLに求める甘美なものがたっぷり詰まっていて、あーこういうものが読みたかったのよ・・・とうっとり酔いしれる。

どなたにも好まれる(?)自信満々攻め×トラウマ美人という基本のカップリングに、「羽衣伝説」というアイシングをコーティングし、芸術家の執着という業(わがままともいう)を描いて奥行きのある話になった。

代々の町医者の若先生である嶺一郎の育ちのよさ、生真面目さが好きだ。
不慮の事故で死んだ初恋の人に10年も負い目を持ち続け、誰とも恋をせず眠り続けているような嶺一郎に「羽衣をまとった天女」というインスピレーションを得て迫りまくる閑(しずか)の芸術家らしい言動にも魅力がある。

しかし・・・高校の美術の教師って、主人公の「初体験の相手」として出てくる頻度がすごく高いような気がするのは・・・気のせい?

| 鳩村衣杏 | 22:18 | comments(0) | - |
| 1/4PAGES | >>