CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
やさしく殺して、僕の心を。 神奈木智
ヤクザ(32)×ジゴロ(19)
 ルチル文庫 2006年

初めて読む神奈木智は、定番の極道×野良猫もの。

顔だけがとりえの菜央(なお)は、自分に気のある男(または女)に取り入ってしばし生活の面倒を見させ、次々に乗り換えて生きているみなし児。
売春するほど肝が据わってない。金持ちから財産を巻き上げるほどのワルでもない、中途半端な三流ジゴロ。
「金づる」との別れ話がこじれて刺され、死にそうになっているところをヤクザの室生に拾われる。

確かにメインはヤクザと野良猫なんだけど、最初からシリーズ化されることが決まっている1冊目、脇役に曲者キャラがてんこ盛り。

組長の双子の息子、響(ひびき)は跡目候補で野獣キャラ、彗(すい)は病弱なお姫様。美形のモグリ医者に熱血刑事・・・。

盛りが良すぎて、肝心の室生の極道ぶりがやや埋没した間もあるけれど、こういう攻キャラ=命を張って組長と息子たちの命を守るストイックで男前な若頭・・・ってBLの極道のデフォルトじゃない?
書いてないけどたぶんこういう人なんだろうと、ほかの極道キャラのあれこれを勝手に継ぎ足して読んでいる自分。

室生が極道のわりにちょっと「語りすぎ」なところが気になるが、とりあえずこの次の話は読みたいと思う。
| 神奈木智 | 23:13 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |