CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
年下の恋人 吉田ナツ
俳優(20)×美容師(28)
Bプリンス文庫 2009年

吉田ナツ、久しぶりの新刊。とりあえず復活がめでたい。

ゲイのヘアメイク、理知(りち)は、学生時代の同級生で芸能マネージャーの大久保から、駆け出しの俳優、徹のスタイリングを頼まれる。
徹は、美人で気が強くてエロい年上のお姉さんに夢中になってしまうが、理知はまだ若くノンケの徹との間に慎重に距離をおこうとする。

年下のひたむきな求愛を恐れ、「一時的なセックスフレンド」とわりきった付き合いをしようとする「大人」の臆病さ・・・これも一つのパターンといっていいくらいよくある構図だけど、若い恋人の気持ちをもてあそんでいる自分のずるさを自覚している理知の迷いを丁寧に描いていることと、このお姉さんの受けでありながら戦闘的なベッドテクがなかなかエロくて素敵。

「そんな言葉で俺をいたぶるのは百年早いんだよ」
若い男の性欲に流されまいと、ベッドではけして主導権を渡さずギリギリまで頑張ったから、最後に「えーい、もういいや」と覚悟を決めるところが生きる。

ただ、これが榎田尤利ならもっとリサーチして、売れっ子ヘアメイクらしいボキャブラリーを散らすだろうし、剛しいらならもっと短い話でもこの2人がどんな家庭でどう育てられたかがわかるように書くだろう・・・と思ってしまう。
私にとって榎田・剛クラスと、それ以外の差がなかなか縮まらないのはそういうところなんだよね。

理知の親友、スキンヘッドの巨漢という設定の大久保のビジュアルが見たかった・・・。
| 吉田ナツ | 00:01 | comments(0) | - |
ダブル・ベッド 吉田ナツ
設計事務所営業×設計士(23)
  ビブロス 2005年

ビブロス倒産・・・ノベル、コミック、雑誌とあんなに点数出してたのにつぶれるとは。
BL部門は黒字だったのに、という話を聞くとせつないね。ハイランドも系列だとは知らなかった。

今日、文教堂溝の口本店に行ってみたら、コミックスもノベルスもまだおいてあって、雑誌b-boy5月号も並んでいた。あわてなくてよかったらしい。

初めて買ったビブロスの本はひちわゆかの「最悪」だった。
それが最初のリーマンもので、かなり衝撃的だったのは昨日のことのようなのに、あれから2年たっているという事実に軽いめまいが。いい加減飽きてもよさそうなものだが・・・ビブロスは最後にいい新人を送り出してくれたようだ。

「面倒のない大人の関係」ばかり重ねて恋愛経験豊富のつもりでいた攻が、純情一途な受と本物の恋に落ちる・・・とこの話を一言で片付ければ、何百冊とBLを読んでる人には、ああそういう話。ちょっとゴーマンでオレ様な攻が天然な受に振り回されてヘタレていく話でしょ、と先読みしたくなるだろう。
ま、そういう読み方もできなくはないんですが。

続きを読む >>
| 吉田ナツ | 00:18 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |