CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
金色の龍を抱け 水原とほる
 キャラ文庫2009年

会社社長(30代)×フリーター(19)

そこですかさず直線的な動きに変えて形意五行拳の鑽拳を打ち込むと、向かうからも同じ拳が返ってきた。

こういう表現がいっぱい出てくるBLっていったい・・・ほとんど格闘技ものか?っていうくらい、リングで戦っている場面が多いのである。

8歳のとき中国大陸から母親と二人で日本に来た姿慧(ツェイフェイ)は、祖父に仕込まれた中国拳法の使い手で、病気の母親の医療費を稼ぐために、違法な賭け試合に出て金をかせいでいる。

水原さんのヒロインといえば暴力に痛めつけられるのが定番だが、今回は「殴られるより、断然殴っている回数のほうが多い」という戦うヒロインなのだ。

すべては母親のため、病院の支払いに追われながら、毎週、賭け試合のリンクに立ち、自分より大きな敵を倒す無敵のヒロイン。
その美貌に目をつけた興行主の簗瀬(やなせ)が、パトロンにつく。
金髪に染めさせ、豪華な衣装をあつらえて美しく飾り立てる・・・商売のためみたいなことを言っているが、100%アンタの趣味でしょう・・・。

拳法は強い姿慧だが、精神的には幼く純粋で、ママの病気を治すことしか頭にない。
簗瀬に愛されているのに、全然気がつかず、自分は商売道具として利用されているだけだと思い込んでいる鈍いヒロイン・・・というところには、水原作品の特徴が出ている。

でも、攻めの愛情表現が屈折しすぎていて、それじゃわからんだろう・・・というのではなく、簗瀬は(水原さんにしては)わりとわかりやすく愛情を示しているのに・・・拳法とママのことしか考えられない姿慧には全然通じないのだ。カラ回りしてかわいそうな簗瀬。

悪者に一服盛られて押し倒されあわや・・・という、お約束の姫君危機一髪も、王子様に助けられるのではなく自力で敵を倒して逃げてくるところはなかなかいい。

そして、貧しくも親孝行なヒロインは
「俺がほしいのはおまえだけだ。金でも物でも必要なものがあれば好きなだけとっていけばいい。だからそばにいてくれないか」
と、お金持ちに望まれて幸せになるという・・・格闘技シンデレラものでした。

簗瀬の秘書で、義足の美形、鄭(ジエン)とその彼氏の刑事という魅力的な脇カップルが登場するんだけど、これって何かのスピンオフでしたっけ?
それともこれから書くつもりなのか?
| 水原とほる | 22:57 | comments(0) | - |
愛の奴隷 水原とほる
会社員(26)×会社員(26)
 ガッシュ文庫2009年

水原さんの新刊は慎重に様子を見てから読んでるのだが・・・これは「愛の奴隷」というタイトルと、「足の不自由な受け」という情報で速攻買いに走りました。
足の不自由な美人萌え、という特殊な趣味の人がここにも1人・・・それはこの話の攻め。

小児麻痺の後遺症で右足に後遺症の残る宏樹(ひろき)は、中学時代からの同級生である影信(かげのぶ)に片想いしている。
・・・宏樹視点のこの話では終始そういうことになっているのだが・・・。

宏樹に対して面倒見がいいのは、中学の頃からの腐れ縁とこの不自由な足のせいだ。影信にしてみれば、道端で野良猫に虐められている怪我をしたスズメでも助けたようなものあったのだ。うっかりかけた情けがずいぶんと長引いてしまったと内心思っているかもしれないが、その分面倒のない宏樹を抱いて間に合わせや憂さ晴らし程度にはなっているのだろうと思う。

怪我をしたスズメって・・・。

いじめっ子から助けてくれた中学時代から十年以上、毎週仕事帰りに自分のアパートに寄り宏樹の手料理を食べセックスして帰り、週末にはリハビリセンターの送迎をしてくれる影信のことを、友人でもなければ恋人でもないと思い込んでいる弘樹は相当な鈍感というか変わった思考回路と言うか・・・高校時代から肉体関係を続けている相手に対して、それはあんまりなんじゃないかと逆に影信が気の毒になる。

この話、愛されていることに気がつかない受けがグルグル思い悩み、ある事件をきっかにお互いの気持ちが通じ合ってハッピーエンド、というBLのお約束を踏襲している話のようにも読めるが・・・私は勝手に攻め視点に変換して読んでしまった。

影信はヤクザの組長の長男で不本意ながら跡目を継がなければならず、そのことが宏樹に対して屈折した態度を取らせているのだが、屈折はそれだけじゃない。
影信は「足が不自由であっても宏樹が好き」なのではなくて「足の不自由な宏樹が好き」なのである・・・はっきり言ってるわけではないが、影信の宏樹の不自由な右足に対する執着はどう見てもフェチである。

「影信のイロ」として悪者に拉致された宏樹が裸体を暴かれ、
「へえ、こういうことになっているのか。久坂の若造も変わった趣味をしているな」
と言われる場面があるが・・・なんというか・・・危険な萌えツボである。

水原さんらしいバイオレンスシーンは、その拉致場面だけだが、未遂に終わっていて全くぬるいのでご安心を。

しかしここで終わり?
やっぱり覚悟を決めた宏樹が立派な極妻になるところまで書いてほしいよね。
| 水原とほる | 18:33 | comments(0) | - |
水原とほるの4冊 
水原とほるの既刊を4冊一気に読んでみました。

「小夜時雨の宿」(ガッシュ文庫2008年)

大学生(21)×教師(25)

ある日突然、別れた恋人の弟が訪ねてきて、恋人は脳腫瘍で死んだことを告げる。
佳史は恋人からの一方的な別れは、死期を知ってのことだったと初めて知る。

こういう話は榎田尤利「愛なら売るほど」の脇役ストーリー(編集者と元作家のコンビニ店員の話)にもあったし、最近見たフランス映画「ぼくを葬る」でも、ガンを告知されたゲイが本当の理由を言わずに恋人と別れていた。
死の宣告を受けて、最も親密な関係の相手を自分の死から遠ざけようとするのは、とっても自分勝手なことだと私には思えるんだけど、そこはやっぱり「男同士」だからという事情がからむのだろうか。

兄の死を告げに来た弟の修司は、実は最初から佳史が好きだった・・・ということは最初から読める展開ですが、佳史がどこまでも優しくて修司に好き勝手にやらせてあげるので、水原的な陵辱・バイオレンス味は薄い。
何事に対しても諦めの良すぎるヒロインが、執念深い年下男のおかげで幸せをつかむ話。

「影鷹の創痕」(シャレード文庫2008年)
ヤクザ(32)×学生(19)

やる気のない大学生の千紘は、悪い仲間と遊んでいて、偶然ヤクザの取引き現場を目撃してしまい、その首領・三橋に監禁され陵辱される。
一緒に捕まった仲間が惨殺されたため、たえず死の恐怖に怯えながらサディスティックな三橋の奴隷になり下がる。

これぞ水原さんらしい、セックス&バイオレンスの嵐・・・水原さんなら三橋×千紘で終わっても不思議はない話だけど、これは違います。鷹村という三橋の傭兵・・・謎の男が千紘を救い出し、最期まで三橋は悪役で終わる。
でも水原さんの描く受けって基本的にみんなMだよね・・・そう思わないとこの延々と続く三橋×千紘のエッチシーン(ときどき鷹村も参加)を読むことはできない。

続きを読む >>
| 水原とほる | 00:18 | comments(0) | - |
ただ、優しくしたいだけ 水原とほる
テクニカルライター(34)×無職(19)
 徳間書店キャラ文庫 2008年

水原とほると山田ユギ・・・珍しい組み合わせに思わず手にとったらこれがもう・・・水原とほるで泣くとは思わなかった。

ある日突然、隆次のマンションに叔父の連(れん)がやってきて、2か月だけ預かってくれと、19なのに発育不良で性別不明のアズを置いていく。隆次はゲイだが、がっちりした男を抱くのが趣味で、中性的で貧弱な少年は対象外。

最初はただただ「面倒」で虐待に近いほど邪険にしていたのが、天使のようなアズの魅力にほだされていく。
よくある話っちゃそうだけど、絵画の才能があるらしいアズのイノセンス、50に近い美丈夫の叔父・連のアウトサイダーな魅力が際立っている。

仕事も順調、「面倒」のないセックスフレンドもいて、快適なシングルゲイライフを送っていたつもりの隆次は、日本語もおぼつかない難民のようなアズを一方的に押し付けられてすっかりペースを崩し、それまで理想的だと思っていたセックスフレンドとの関係も、実は大きな勘違いだったことに気がつく。

ゲイということを除いても、仕事もそこそこ順調で快適な独身生活を送り、深い人間関係を築くのが「面倒」だから結婚せず一人でいるという人はこんにち珍しくない。そういう意味で隆次はある種の典型的な都会の生活者だ。

しかし魔法にかけられたようにアズを真剣に愛してしまった隆次は、ある意味結婚より「面倒」なことを背負い込んでしまうのだが、アズのためならどんな面倒なこともやってやりたい、それが自分の喜びだと思ったとき、隆次は34歳にしてやっと大人になるのである。

水原とほるといえば、容赦のない暴力描写だと思っていたが、しばらく目を離しているうちちょっと作風が変わったらしい。
容赦がないといえば容赦のない部分もあるんだけど、この作品ではそれはちょっと違うところで発露されている。もう10月ですがこれは今年のマイベスト10に入るかもです。
未読の作品も読んでみようかな。

山田ユギの描くオヤジ(連叔父さん)がかっこいいぞ。
| 水原とほる | 22:53 | comments(0) | - |
禽舎の贄 水原とほる
空間プロデューサー(30代)×日本画家(24)
 シャレード文庫 2008年

「水原さんの『きんしゃのにえ』が良かったよ」と人に教えられ、手帳に書きとめようとして「きん舎のにえ」・・・「舎」しか漢字で書けなかった。トホホ。

攻めの年齢はどこかに書いてあったかもしれないけど思い出せない。
それより師匠(62)×弟子(24)の関係のほうがずっと印象が強い。

日本画家の大家でヒロイン紗希(さき)の師匠である、合田柳燕は「当て馬キャラ」と言うべきなんでしょうが、お布団シーンの8割がたはこの「ジジイ攻め」のご活躍なのだ。
60代の攻めというのが、BLにおいて非常に珍しいというわけではない。権力者に体を提供する・・・というシュチエーションではけっこうあるように思う。
でもあくまで「ヒロインがいらぶられる」ための小道具の一つであってジジイのエロがメインになることは少ない。

家庭の事情で絵を続けることが難しかった紗希を内弟子として住まわせ、事後承諾で夜のお勤めもさせている・・・立派にパラーハラスメントなんだけど、監禁しているわけでも暴力をふるっているわけもはない。
紗希も師匠と寝ることに嫌悪があるわけではなく、恋を知らない紗希は、父とも兄とも慕う尊敬の気持ちで懸命にご奉仕している・・・実はここがこの話の「萌えどころ」なんじゃないだろうか。(間違ってますかね?私)

いけないことだと思いつつ、よそから来た若い男に惹かれて心引き裂かれるヒロイン・・・読んだことないけど昔の「姦通小説」「よろめき小説」ってこういうものかな?

これが女性のヒロインだったら、さんざん世話になった恩師を捨てて「新進気鋭の空間プロデューサー」に乗り換える女を私は許しませんが・・・おしとやかで美しい「男の子」なら全然構わなくてよ(笑)。

老いてなお精力的な芸術家の若い弟子に対する執着は、年齢を重ねるほどにどんどんエスカレートして狂的になり、心と体だけでは満足できず、才能さえも自分のものにしてしまおうとしたところが、結果的に命取り。
誰に奪われなくても、これでは逃げられてしまうのは時間の問題でしたね。

でもちょっと縛ったり変な薬を使ったくらいでそんなに酷いことはしていないし(!?)、大切に育てていた紗希にあっさり捨てられて、老いとは悲し・・・ちょっと「ベニスに死す」でした。

それに比べると、かごの鳥のヒロインを逃がしてくれた今村はいまひとつ印象が弱い・・・いや、王子様としてちゃんと役目は果たしてるんですが、ジジイにイチから仕込まれた紗希を将来的にも満足させられるのか、ちょっと心配。「踏み台その2」になったりして。
| 水原とほる | 17:23 | comments(0) | - |
| 1/3PAGES | >>