CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
はなやかな哀情 崎谷はるひ

画家(30)×警察官(34)

「うちのホンカン」みたいな(古いっ!)駐在さんもので続くのかと思っていた慈英×臣シリーズ、記憶喪失とはまたベタベタにベタな・・・。

長期カップルで「記憶喪失」っていうと、遠野春日先生の「情熱の結晶」が思い浮かびますが・・・あれも攻めが記憶喪失になって恋人のことだけ忘れてしまうという話だった。

作家なら「記憶喪失」ものは一度は書きたいよね。うんうん。
でも少なくともBL作家としては一回しか使えないカードで、それをどこで切るかといったら、崎谷さんの場合やっぱりここか・・・と思いました。

BL小説における「記憶喪失」ものには、一方的に忘れられて関係がすっかりなかったことになってしまう悲劇・・・というひとつの定型がある(そうじゃないパターンもありますが)。

それが夫婦(男女)だったりした場合、「7年一緒にいましたが頭打ってぜんぶ忘れちゃいました」では済まないだろう、普通。

だが崎谷さんは、そんな同性カップルという禁断の関係ゆえに生まれる悲劇・・・というのを書こうとしたわけではないようだ。

情熱シリーズの佳人さんは遙さんに忘れられて、本当のことを言うこともできずさんざんな目に逢うのだが、この話では忘れられるのは臣さんでも、可哀そうなのはむしろ慈英のほうである。

このカップル、カミングアウトこそしていないが、臣の実家代わりの家族は公認だし、慈英の少ない親戚・知人も関係を知っている。
みんな大事な恋人を忘れてしまったひどい男・慈英を非難しているのに、臣だけが(ショックを隠して)病気だから仕方がないんだ、という態度をとる。

7年間大切にされたからもういいよと、慈英を東京に帰そうとさえする。

恋愛体質のくせに自信がなくて、いつ捨てられるかといつも怯えていた臣が、動揺しつつも慈英に対しては終始落ち着いた大人の態度で接していたことが、このシリーズを最初から読んできた読者には感慨深い。

臣さんも愛されて、やっと大人になったんだ・・・34歳だしね。

そして、慈英は天才画家かもしれないが、やっぱりバカな子・・・。
続きを読む >>
| 崎谷はるひ | 17:03 | comments(3) | - |
INVISIBLE RISK 1  崎谷はるひ
 ダリア文庫 2010年

ベーシスト(20)×ボーカリスト(19)

崎谷はるひの初期作品を3か月連続で新装文庫化。
まだ1巻しか出てないんで、書くのは早いんですけど。

バンドものか・・・バンドものなんだよ・・・。

そういえばBLでバンドものって見ない・・・アイドル、俳優、ソロミュージシャン、モデル、漫才コンビのBLはあっても、バンドものって読んだことないなあ。
書いてる人もいるのかもしれないけど、少なくとも主流の作家はあんまり書いてないと思う。

流行らないのか?バンドもの。
男たちの集団という人間関係、ともに夢を追って、貧乏で、対立があって・・・青春だぜ。
BL向けの舞台な気がするんだけど、なぜみんなバンドBLを書かないんだろう。

今どきのバンド事情ってのもよくわからないけど、やっぱそういう「青春」は古いのか?

いや、古いというより、BLはやっぱり女のドリームなので、そんなビンボ臭い話より、身寄りのない美少年が大金持ちに拾われて磨かれてスターになるとか、かっこいいヤクザと美人刑事が追ったり追われたりするような話のほうが、圧倒的に需要があるのだろう。

90年代のバンドシーンが舞台ということで、新装版には最初のページに「90年代初頭の日本というのは・・・」という時代背景の解説が加えられているのだが、90年代をそれほど昔と思ってない私は、これを読んで「え、そうか?70年代生まれから見た90年代ってそうなの?」とちょっと違和感を覚えたのだけど、本編(改稿なし)を読むうち、そうか・・・90年代ってもうこんなに遠い昔なんだ・・・とあらためて思った。

「曲作ったから聞いてくれ」と、カセットテープを渡してテープデッキにかける・・・

というようなくだりは、「古いっ!」と思うけど、じゃあ今のバンドの子たちってどうしてんだろ。
CD−Rに焼いて渡す?
ネット上の共有フォルダにアップロードするとか?

・・・よくわからないけど、現代の若者のバンドものを書かれても、やっぱ私にはついてけないかも。

美形のボーカル(野良猫系)と、無口で無骨なベーシストの不器用な恋模様。

作者も若かったのね、という勢いで書いてるようなところもありますが、独特の節回しというか、崎谷さんしか使わない言い回しが頻出していて、すでに崎谷ワールドは確立している。

なにより、かなりボリウムのある1冊目でも話はまだ佳境にも行かず、あとまだ2冊あるのだ。
新人作家が、これだけの長編を書くことがすごい。
そこがこの人の才能なんだなーと思う。

3冊そろってから読んだほうがいいかも・・・とは思ったけど、古い作品なので、とりあえず1冊読んでみたら、いいところ「続く」でした。
ここが頑張りどころだ杉本!というところで、2巻が楽しみに待つ。
| 崎谷はるひ | 11:22 | comments(0) | - |
鈍色の空、ひかりさす青 崎谷はるひ

幻冬舎ルチル文庫 2010年

弁護士(38)×高校生(17)

虐待やいじめの悲惨な結果のニュースを見ない日はなく、現実だけでおなかいっぱい・・・と、新刊に手をつけるのを躊躇していたけど、読み始めたら面白くて一気に読んだ。

母親は男と逃げ、父親と2人暮らしの高校生、基(もとき)は、学校でのいじめと人格崩壊した父親の性的虐待のダブルコンボ・・・というヘビーな設定ながら、わりと早い段階で遠山の金さん・・・じゃなくて、彼をこのどん底から救い出すであろう王子様が登場するので、次々に辛い目にあっても「もう少しで助けが来るんだし」という気持ちで読める。

この王子様は、ヤクザの妾腹で背中に刺青を背負ったワケアリ弁護士なんだけど、ヘタレっていうか優柔不断っていうか。
BL的には、21歳年下だろうが未成年だろうが、ヤクザな弁護士はお構いなしだったりするのが普通?だけど、そういうところは良識派の作者である。

やっぱ未成年に手を出したら条例違反だろう・・・親に虐待受けてるとしても勝手に連れてきちゃったら未成年者略取だろう・・・と、迷っているうちに事態はどんどん悪くなっていく。

いつになくバイオレンスで、エロ少なめとはいえ、親に捨てられた子供が、拾われて愛されて生き返る話・・・やっぱこれって崎谷はるひの原点だよね。

これが現実なら、父親か息子か、どっちか殺されてるな(または自殺)って思っちゃう世の中なので、思った以上に救いのある、最後はもちろん甘〜いラストに酔える話だった。
| 崎谷はるひ | 11:33 | comments(0) | - |
くちびるに蝶の骨〜バタフライ・ルージュ〜 崎谷はるひ
 ダリア文庫2009年

元ホスト・飲食店オーナー(34)×会社員(32)

先行する原作コミックとのリンク小説。

これ・・・みなさんが言うほど痛い話じゃないと思うんですよね。
むしろ、最近にない「激甘カップル」じゃないかと。

いわゆるDV男というのは、仕事もダメで、外ではへーこらしてても家で女房を殴って怪我させる、それに対して、女も「私がいないとこの人ますますダメになる」と思って離れられない共依存ってやつでしょ?

王将は、男としての魅力もあり、仕事も成功して金もある。
千晶(ちあき)だって、無職の愛人ではなく、ちゃんとした仕事も収入もある。
いつだって逃げられるのに、12年も一緒にいたのは、やっぱりお互いに必要だからでしょう。

千晶は「惰性」とか言ってますが・・・惰性であんな強烈なプレイはしないと思いまーす。
ま、ちょっと変わったプレイかもしれないけどさ。

王将のような男にも女にもモテるフェロモン男が、12年も同一の相手に激しい欲望を持ち続けているということ自体が千晶へのゆるぎない愛の証・・・。最初から最後までラブラブじゃん、この二人、と思うのは私だけ?
もっとも、王将の「絶倫」ぶりが異常と言ってしまえばそれまでですが。




| 崎谷はるひ | 22:25 | comments(0) | - |
心臓がふかく爆ぜている 崎谷はるひ
 ルチル文庫2009年

会社員(30)×会社員(30)

「信号機シリーズ」は理屈っぽくてどうも・・・でしたが、今回のルチルの書き下ろし新刊には、本来の甘さが戻ってきているようです。

幼なじみとハーブ&アロマ雑貨ショップを立ち上げ、今ではリラクゼーションサロンを手広く経営する弘(ひろむ)は、ダメ男に振られてばかりのゲイ。
大手企業から転職してきた降矢(ふるや)のような、見るからに仕事のできるイケメンは苦手なタイプだったのだが、一緒に仕事をするうちにいいカンジになってしまい・・・。

齋藤弘・・・受けの名字が「齋藤」ってあんまりないよね。
見た目も性格も地味・・・地味と言うか、イラっとするくらいマイナス思考でうじうじしている。
でも変な色気はあって、男は切れない・・・しかもロクでもない男ばかり。

いるよね、こういう人(女)って・・・。
弘の場合は、もともとの暗い性格に、ゲイであるということが、ものすごいコンプレックスになっちゃってるわけだが、でも、弘のような、物事に対してネガティブになってしまう弱気な部分っていうのは、自分もある。
物事に楽観的になれない、というのは、もう持って生まれた性質なのだと思う。

そういう人には、降矢のような大雑把でも推進力のあるタイプはよきパートナーだろうとは思うんだけど・・・大雑把×繊細のパートナーシップは実に微妙なバランスである。

くだらないことで喧嘩して、仲直りしてハッピーエンドというシンプルな構造、女装社長という強烈な脇役を配して、女性向けのビジネスというわかりやすい世界を描いてるところに良さがある。
| 崎谷はるひ | 21:29 | comments(0) | - |
| 1/6PAGES | >>