CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ようこそ。谷崎泉
フリーター(28)×会社員(40)

海王社 ガッシュ文庫 2008年

satoさんのブログでおいしい「オヤジ受け」ものがあると紹介されていたのでさっそく食いつく。

もうすぐ41歳になる大手ハウスメーカーの課長・大黒谷正広(だいこくや・まさひろ)、別に理由はなく一人でいるのが苦ではない・・・というより快適なひとり暮らしを営んでいるゆえに独身という・・・いるいる。こういう人は周りにいくらでもいますよ。
三高とまでは言わなくても大卒で普通に正社員で地位も収入もそこそこに安定している・・・だからこそ独身生活が快適なんだよね。今はそういう世の中ですよ。
私が男だったらきっと結婚しないわ・・・いやそういう話じゃなくて、そんなよくいる独身オヤジが自分とまったく違う世界で「運命の人」を見つけてしまう話。

大黒谷がトラウマ持ちでも超エリートでもなく平凡なオヤジであることがこの話の魅力。

偶然知り合ったバーテンダーのステラ(日本人)の、へそピアスやタトゥーを見て「自分の身体を大切にしなくちゃダメだ」とウザイ説教をするところが好きだ。オヤジはこうでなきゃ。それをまたステちゃんが「ウザい」と思うどころか「そんなこと言ってくれる人は初めて・・・」と感激しちゃったりするところが、早くも「破れ鍋にとじ蓋恋愛」を予感をさせる。

もしステラが女性だったら大黒谷もご近所だからという理由で簡単に自宅には入れないだろうし、料理を作らせたりはしないだろう。
最初からゲイだと知っていても自分はノンケでステラの守備範囲ではないと思っているから何の警戒心もなくテリトリーに入れて、「おかえり」と待ってくれている人のいる生活、一緒に食事をする生活の楽しさをついに知ってしまうのである。

大黒谷に唯一結婚プレッシャーをかけるのが母親なんだけど、だからって初対面の他人にそこまで暴言を吐くかな、っていうのがちょっとやな感じだったけど、その母親に無理やり見合いさせられた相手の女が編集者で、ちょっとオーバーだけどそうそう編集者が見合いするとこういう展開になるんだよ、さすが作家さんはよく知っていらっしゃる、と思いました。

最後がちょっと尻切れというか、ついに二人が思いを遂げて、え?これでハッピーエンド?という尻すぼみな結末なんですが、これはもしかして続編を書く気満々なのでしょうか? 
| 谷崎泉 | 22:35 | comments(0) | - |
ナアレフの恋人 谷崎泉
ヤクザ×喫茶店マスター
 徳間書店キャラ文庫 2007年

しばらく更新サボってしまいましたが、読んでなかったわけではなく「クランクイン」から「ラブシーン」「ファイナルカット」さらに「ストレイリング」とすっかり水壬楓子オヤジ攻め再読モードになっておりました。

さて気がついたらBL道にハマってはや3年・・・それでもまだ1冊も読んだことがない人気作家ってけっこういるんですよね。・・・ここでそんな食わず嫌いを克服しようかと・・・という前フリを書いてしまってから過去記事に谷崎泉を発見してびっくり。
2冊目だったか・・・っていうかカテゴリーあるじゃん。2年前の記憶が・・・大丈夫か?私。そのくらい年月がたっているということですか。


ある日突然大学の近くに開店したコーヒー1杯1000円の喫茶店。まるでお客に来てほしくないかのようなやる気のない殿様商売だが、美貌のマスター目当ての常連が訪れる・・・この謎のマスターの秘密はヤクザのダンナの出所を待つ身だった、ということがわかるのが「ナアレフの恋人」。

「若頭エレジー」はそれ以前の2人の話で、学生の初音(はつね)はヤクザの上総(かずさ)に執着されている。舎弟を使って監視させたり、無断で引越しさせたりやってることはストーカー愛なんだけど、水原とおるみたいにSM入ってるわけじゃなく、初音も本気で嫌がってるように思えない。執着というより盲愛ってかんじ。
なにせこの2人保育園からの付き合いなのだ。
保育園ですよ? この人の作風がよくわからないんだけど・・・シリアスかと思ったらコメディでしたか?

「からすみブルース」は脇役の2人の話だが、出所した上総が初音と2人で写真館で(無理矢理)撮ったツーショット写真をポストカードにして「出所挨拶」に配ったという話は妙におかしかった。

こういう相手の意志を尊重しない執着攻めってそんなに好きじゃないはずなんだけど、この2人の場合はこれでいいんじゃないの?という雰囲気がある。

この1冊ではまだ上総と初音の間に起きた「事件」の全貌が明らかではなく、謎のままで終わっている。「わけありの喫茶店の美人マスター」というのもツボだし、ウンチクの部分で面白いところもあり続きは気になるけど・・・この2人の関係がずっとこういう調子ならついていけるかどうかちょっと自信が・・・。
| 谷崎泉 | 22:29 | comments(0) | - |
心を、奪え。
無職(25)×医師(32)
 クロスノベルス 2003年

谷崎泉を初めて読む。なぜこれにしたかというと、大学病院をやめて地方の診療所で働き始めた主人公・・・というところにトラウマ年増受け?と思ったからだったんだけど、全然そういう話ではなかった。

強姦から始まる関係。
ポルノグラフィのジャンルとしてのレイプもの。それは男性向けポルノの類似品のようでいて、やはり女性向けであるBLのそれは全く違うものだと思う。
「暴力的に犯されて気持ちよくなってしまう」というのは、男性の性ファンタジーではあるかもしれないが、女性なら「そういうことは絶対ありえない」という生理的な感覚があるから。

一見レイプのようでも、どこかに必ず気持ちが先にある。
山村の小さな診療所。腹を刺されて転がり込んできた不審な若者を、都会から来たばかりの医師、八重樫(やえがし)は一目見て「同じ男でも見惚れてしまう程、華のある男だった」と思う。

ヘテロの男は、同性の顔立ちがたとえタレント並に整っていても、普通そんなふうには思わないものだ。
やっぱり最初から2人は恋に落ちていた、と考えるべきではないだろうか。
続きを読む >>
| 谷崎泉 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |