CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最悪 ひちわゆか
桃香’sブログ 3周年記念企画
【じれじれ ひちわ祭り】参加 その


ひちわさんの久方ぶりの新刊『奥様は18歳!』刊行を記念して、新刊のほかにもう1冊、私が初めて読んだひちわさんの作品を取り上げます。




実業家(26)×商社マン(26)
ビブロスBBN 2004年
幻冬舎ルチル文庫 2009年

改めまして、桃香さんブログ開設3周年おめでとうございます。
私のほうは・・・5年目? 相変わらず進歩がありませんが今後ともよろしくお願いします。

最初はBL本を書店で選ぶのが難しくて、アマゾンで注文していました。
ネット書店での買い物は履歴がずっと残るので、便利なような恐ろしいような・・・ですが、初めてアマゾンで注文したBL本が2004年3月31日、樹かなめの『ラベンター書院シリーズ』2冊であることがわかります。
いきなりプラチナ文庫かよっ・・・と自分で自分に突っ込みを入れたくなりますが、何を思って選んだのかは不明。

その次の注文が2004年4月10日のひちわゆか「最悪」でした。
新刊だったんですね。当時の読書メモに
「こういうものは文庫しかないと思ったら新書が届いたのでビックリした」と書いてあった・・・自分にそんな初心なときがあったなんて・・・。

これが初めて読んだ「新書版」の小説で、初めて読んだひちわゆかで、初めて読んだリーマンもの・・・思い出深い1冊です。
最近幻冬舎から文庫化されましたが、旧版で再読してみました。
続きを読む >>
| ひちわゆか | 00:30 | comments(0) | - |
奥様は18歳! ひちわゆか
桃香’sブログ 3周年記念企画
【じれじれ ひちわ祭り】参加 その


ひちわさんの久方ぶりの新刊『奥様は18歳!』刊行を記念して、ひちわゆかを2冊取り上げます。
そしてこれは桃香さんのブログ開設3周年記念企画である「合同レビュー」となっております。
参加ブログは下記の皆様です。(予定含む・順不同)

四十路のBL読書日記(アラスカさん)
たまさんの読書日記(たまさん)
BLパンチドランカーとはずがたり(黒ニコさん)
ブログ萌え付箋(下さん)
BLmemo(satoさん)


リブレBBN 2009年

公務員(30)×主夫(18)

ひちわゆか久しぶりの新刊!
・・・といっても、実はそれほどは読んでないんですよね、ひちわゆか。
BLを読み始めたばかりの頃に何冊か読んで、非常にインパクトの強い作家ではあったんですが、古い作品にはほとんど手を出してない。
Unit Vanillaも読んでないし・・・「祭り」に参加するにはちょっと気後れしますが、どうかよろしくです。

「奥様は18歳!」といえば・・・岡崎友紀
オールドミスといえば富士真奈美。
70年代の「はじけてた」ドラマですが、久しぶりのひちわさんもはじけてる。

ボーイズラブ小説の基本はボーイ・ミーツ・ア・ボーイ。
幼なじみだったり同級生再会だったりすることもあるが、出会って恋して紆余曲折があって結ばれる。
すでにでき上がったカップルの話であったとしても、そこに至る出会いや経緯は重要なポイントである。
ところが、この話はこの2人がどこでどう知りあって「結婚」に至ったのか最後まで不明。

とにかく「奥様は18歳」なのだ。

智生は高校卒業と同時に公務員の旦那様の専業主夫となり、初々しくかいがいしく、毎朝夫のために朝食とお弁当を作り、スーパーの特売に走り回って全力投球で人妻してる。
いまどきデキ婚でもないのに18で専業主婦になる人っている??

いやいや・・・突っ込みどころはそこじゃなくて、この「世界」では、誰も「男の夫婦」であることに疑問を挟まないのだ。
「まだ18なのに」「あんな男の嫁にならなくても」という声は上がっても、「奥様が男?」とは誰も言わない。
団地の隣の奥さんも普通に主婦どうしとして付き合ってるし、年上の医師と結婚している先輩主夫の友人も出てくる。

そもそも出版社のあらすじがこれですから。↓

しっかり者の新妻・18歳の智生(専業主夫♂)は、愛する旦那さま(公務員♂)のため今日も料理に家事に奮闘中。そんな健気な奥さまの誰にも言えないヒミツ…それは関東最大のヤクザ組織の跡取りってこと!

おいおい・・・誰にも言えないヒミツは「奥様は男」ってことじゃないの!?
続きを読む >>
| ひちわゆか | 00:05 | comments(1) | - |
LOVE ME 10$ ひちわゆか
大学生(18)×予備校講師(25)
ビブロス2005年

「お局様」と言われたくないので言わないが、会社の流しで、自分の弁当箱一つ洗うのにずっとお湯を出しっぱなしにしている人を見ると気になってしょうがない。
生まれたときから、お湯は蛇口から出るのが当たり前な世代なんだろうなーと思う。
別に会社の光熱費は自分が払うわけではないが、給湯器は電気である。電気代がもったいない、いやエネルギーの無駄と思うのはケチではなく、エコ精神と言ってほしい。

和臣の恋人、7歳年上の雪生は美人だが「ケチ」という不治の病を持っている。
ビンボーものドタバタコメディ。ひちわゆかって芸風広いなー。
コメディなので、そりゃないだろうという展開には目をつぶって、それよりも雪生のケチばかりとも言えない合理主義、エコ精神に学びたい(笑)。

昔はビンボー生活と言えば風呂なしアパートだったが、さすがに風呂付き、ただしシャワーなし家賃23000円(管理費込み)格安物件に住む雪生。ビンボーものって世代が出るよね。(ここで剛しいらよりひちわゆかのほうが世代が下だということがうかがえる)。
イマドキの若い子は、シャワーがないと頭が洗えない。

「シャワーなかったらどうやってシャンプー流すんですか」
「・・・あのな。いったいなんのために湯桶があると思ってるんだ。シャワー1分流しっぱなしにしたらいくらかかると思う?」

そうだった、昔はお風呂にシャワーなんかなかったのよ。
でも先生まだ若いのになんで知ってるの?
続きを読む >>
| ひちわゆか | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |