CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
amazonで検索
現在時刻
amazon.co.jp
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
銀とシュガースノー 玄上八絹
 ルチル文庫2009年

高校生(18)×ピアノ調律師(23)

前から1冊読んでみたいと思っていた玄上さん。
しかし特殊な設定が多くて手を出しかねていたのだけど、「親の離婚で血のつながらない叔父と同居することになった高校生」というオーソドックスな設定の話があったので、「これだ」と思って読んでみました。

秋彦は、進路に悩む高校3年生。
夢はパティシエだけど、自分が本当にパティシエになれるのか、自信が持てない。
離婚してアメリカに行った母親の希望どおり留学するか、とりあえず日本で大学に進学するか・・・選択肢あるだけに決められないのだ。

こういう高校生って、俺は絶対職人になるぜと決めて、わき目もふらず進む才能あふれる主人公より等身大なかんじ。
プロサッカー選手だって半分は大卒という学歴社会の日本で、18の時点で、成績的・経済的に行けるのに「大学に行かない」という選択をするのは、けっこう大変な決断だと思う。

そんな秋彦から見たら、ピアノの調律師という特殊な仕事をしているカミカは、5歳という年齢差以上に大人に見えるはずだが、最初にしばらく保護者になってくれる「叔父さん」とだけ聞いていて、年齢を知らなかったので意外な若さに驚き、カミカの美貌と性格の悪さに感情を持って行かれて恋におちる・・・と、展開としては王道なので安心して読める。

カミカも、10代の未熟な恋の結末に引きずられているくらい若いのだけど、保護者の必要な18歳と、社会人23歳との、あと数年で縮まるであろう微妙な年頃を、視点を交互に入れ替えて描く。

秋彦に告白されて悩むカミカは、友人の安東に相談する。
「まだ子供だ」「受験生だから」とかぐだぐだ言うカミカに、
「十八で恋をしなかったら、いつすんの、そんなの」
と答える安東は、なかなか素敵な脇役。

ピアノの調律師という特殊な仕事についての描写も行き届いていて、職業物としても面白い。

しかし、男どうしは基本的に自分の恋バナはしないというのが私の認識なんだけど、BLにおいては意外とそうでもなくて、初めて男を好きになった秋彦は、学友に具体的なHow toまで相談する。
それもいまどきの高校生らしいのかも?

ちょっと(かなり?)クセのある文体も、私はOKでした。
さて、次は何を読もうかな。
| その他のBL作家 | 23:21 | comments(0) | - |
野ばら 雲田はるこ
最近は漫画の読み方がわからない子どもが増えているとかいう話もありますが・・・私の漫画リテラシーも相当低下してるようです。

昭和元禄落語心中」で初読みだとばかり思っていた雲田はるこ、雑誌で読んでたじゃん。

「ハートに火をつけて」onBLUE VOL3掲載


依田沙江美のインタビュー目的で買った雑誌onBLUE Vol.3、掲載作品の中でも、引退したゲイビデオ俳優で今はゲイビ制作会社の社長をやってる苦味(くみ)さんの話は、かなりインパクトあった。
それなのに何回読んでも、あれと同じ作者だと気付かないってどうゆうこと?!

「落語心中」を読んだときは、この人がBL作品を描くとしたらホンワカしたものなんじゃないかと想像してたので、ゲイビ業界が舞台のエロ度もけっこう高いこの話と全然結びつかなかった。

でもそれは、既刊のBL作品を読んでみたらある程度当たっていて、この苦味さんシリーズがこの人にしては過激なほうなのね。

「野ばら」東京漫画社2010年


奥さんに逃げられたコブ付きの年増に、若者がよろめく話。
あれ?なんか身も蓋もない説明ですが、この四十に近い神田さんが天然(ややドン臭い)でキュート。そしてその細い腰から目が離せない武ちゃん(料理人)の男らしく実直な攻め様ぶりが好ましい。
この2人のバランスは、佐々木×如月先生(剛しいら記憶シリーズ)と同類で、私のどストライクなのである。

武ちゃんの将来を思って、一世一代の「縁切り場」を演じる神田さんだが・・・結局「うえーん」って泣いちゃう神田さんがカワユすぎてたまらんです。
なぜタイトルが「野ばら」なのかは最後の1コマでわかる・・・うまい。

もう一つ、本名「みたみつお」、ニューハーフのミミくんの初恋物語、「ミミくんのBOYの季節」も、かなりの問題作。

「いとしの猫っ毛」 リブレ出版2011年


こちらはいわゆる「○○荘もの」と言うのか、一つ屋根の下に変な人が集まって暮している群像ドラマ。
6年も遠距離でしかも清らかな交際を続けていたみいくんと恵ちゃんの、同棲物語の始まりでもある。
これまた猫っ毛でオクテの恵ちゃんがカワイイのだ。もうすぐ2巻が出る。

漫画はどんなに上手いと言われても、その絵柄や雰囲気が好みかどうかが重要で、小説以上に好き嫌いが大きいと思う。

山田ユギや依田沙江美や今市子、つまり少女漫画オリエンテッドな作家が好みの私には、久しぶりのアタリです。

苦味さんシリーズがどこに向かってるのが気にかかる・・・onBLUEを買い続けないとだめか・・・。
| コミックス | 10:37 | comments(0) | - |
2011年こんなBL読んでました
2011年は忘れられない1年になりました。

直接自分が被災したわけではないけれど、2万人近い人が一度に亡くなっているという現実に対する動揺と、自分が生きてる間に収束できそうにもない原発事故に対する不安で、好きな本を読んでいてもいまいち没頭できないという・・・。

福島の人たちはいまだに自分の家に戻ることができず、避難生活を送っています。
そのことは1日も忘れてはいけないのですが、2011年という年を終えて新しい1年がスタートしてみると、やはり前年のことを一度整理して、リスタートすることも必要かなと感じます。

去年は記事に残していない本が多いのですが、ここに2011年に読んで心に残った本をまとめておきます。

【小説部門】

交渉人は愛される 榎田尤利
やさしいSの育て方 榎田尤利
愛とはいえない(2) 榎田尤利
ホームドラマ 剛しいら
ペーパームーン 剛しいら
真夜中クロニクル 凪良ゆう
Д好織鵐譟次Ε曄璽の事件簿(機法吻供忙獲紫姫子
┘瀬屮襯丱ぅ鵐鼻複魁法複粥法 ̄囘張汽
恋を知る 月村奎
君の指が好きと言ったら 小川いら

 交渉人は愛される」いろいろあったけど、あんな甘〜いラストが用意されているとは思わなかった・・・おかげで以来、私の脳内では兵頭と芽吹がいつもラブラブしていて困ったもんです。
今年も「最後まで諦めない」を座右の銘としよう。

作家生活も10年を超えた榎田さんの安定感というのは、コメディとシリアスで書き方を変えないところにあるような気がする。
△皚も、コメディでもありシリアスでもある。
初期にはどシリアスなものも書いてたけど・・・そこが作家としての成熟なのだろうと思う。

ζ篶匹気鵑盧鯒は好調でしたが、あえて今後に注文出すなら、シリアスとコメディを区別しないで書いてみてほしい。コミカルなシリアス、シリアスなコメディ。そういうステージまで行ける人だと思うので。

きズ廼瓩魯薀離戮某塀个靴討い覽霈◆剛しいら、BL供給量は少なめながら、ムーンライトの続編「ペーパームーン」、続きが出るとは思わなかった「ホームドラマ」が収穫でした。
今年はまた時代劇を書いてほしいな。

Ы口にふと「アレキサンドライト」を再読したら、そのまま山藍紫姫子祭りに突入。
おりしも角川文庫から続々復刊中、やっと読めた「スタンレー・ホークの事件簿機漸礁漫淵撻襯愁)」「同供然詁(アンビヴァレンツ)の山藍流ハードボイルドが予想外に面白くて、耽美な「堕天使島」からエログロの「長恨歌」「江戸繚乱」、ややBL寄りの「永遠の恋人」まで集中的に攻略してしまった。

山藍さんは「愛と官能のロマンス小説」作家で、BL作家とは言えないと思うのだけど、華麗な文体にはあらがいがたい魅力がある。スタンレー・ホークシリーズの続きが楽しみ。

ダブルバインド」が全4冊で完結。
正直、途中まで迷走してるような気もしたが、完結してみれば意外に緻密な話で、途中、2人の恋愛部分が漫才化したのは、あまりにもガサツなオッサン攻め、あまりにも意地っぱりなツンツン受けが暴走したせいかもしれない。
これから読むなら4冊そろえて一気に読むことをおすすめします。

昨年の月村さんでは「好き」もよかったけど、短編集というBLでは珍しい試みは、月村さんならでは。どれも朝チュン未満の淡い初恋話なのに、萌えがないわけではない。月村さんらしい味わいだった。

久しぶりのヒューマン系小川いら。聴覚障害のある受けとガテンな青年との穏やかな恋。優しいいい人しか出てこないお話に癒さる。

続きを読む >>
| 現代BL文学入門 | 21:40 | comments(0) | - |
昭和元禄落語心中(1)(2) 雲田はるこ
 講談社2011年

 講談社2012年

平成もすでに24年なのである。
今年成人式を迎えたくらいの若者には、「昭和時代」って私の「明治時代」くらいの感覚なんだろうなあ。
でも平成生まれの君たちも、次世代に「平成生まれだからなー」と言われる日は必ず来るのだよ。

去年から書店でちょっと気になっていた1巻、表紙の噺家のたたずまいが今は亡き初助師匠を思わせる・・・でも青年コミックだし・・・と思いつつ作者の素性を調べると、BLコミックも描いてる人らしい。
安心して?1巻を買って読んだら面白くてすぐに2巻を買いに走った。

BLではないのだけど、この設定、この背景には、あきらかに剛しいらの座布団シリーズの影響がうかがえる(と私は思う)。
パクってるということではなくて、先行の名作への愛とリスペクトがあるという意味で。

弟子をとらないことで知られる稀代の名人に無理やり弟子入りする、刑務所帰りの元チンピラ与太郎。
親子ほどに年齢が上なのに妙に色っぽくて偏屈な八雲師匠は、女を演じれば絶品で、ヒマさえあれば都々逸や長唄や踊りの稽古をしている芸の虫。
落語と心中する」と言って独身を貫いているところや、与太郎をお供に連れて京都に出かける場面にも、初助師匠と要の姿がダブる。

あれ?この京都駅って昔の京都駅じゃん・・・そうそう、この話の「現在」は昭和なのだった。

八雲は、早世した兄弟子で、幻の名人と謳われた助六の娘・小夏を引き取って育てている。
よもやBL展開にななるまいと思うが、若き日の八雲と助六の間になにがあったのか・・・。
2巻の途中からいよいよ「八雲と助六編」が始まり、いいところで続くになっている。
(3巻の刊行は秋の予定だそうで)

つまり、八雲師匠の押しかけ内弟子となり一人前の落語家になるべく奮闘努力する与太郎の青春と、戦中・戦後に渡る、八雲と助六の青春・・・二つの昭和の青春芸道物語なのだ。

絵も上手くて、落語の芸を漫画で表現するテクニックもある。

なにより、芸に対してシビアで容赦のない八雲師匠の、太郎に対するドSな仕打ちがすばらしい。
初助師匠のほうがもう少し手加減があったような・・・いやそうでもないか。

八雲師匠も、平成の現在、ご健在なのかどうかが気になるが・・・続きが出るのが待ち遠しい。
| コミックス | 10:58 | comments(0) | - |
サスペンスドラマ 剛しいら
 ショコラ文庫2012

警察官(30)×上司(32)

剛しいら2012年最初の新刊が「サスペンスドラマ」とはまたベタなタイトルだなあと思ったら、「ホームドラマ」のスピンオフだった!

ホームドラマに出てきた大飯喰らいの公安刑事、後藤の話ですよ!

話は「ホームドラマ」より2年前にさかのぼる。
ライフルの名手でSAT部隊で大暴れしている後藤は、公安の風間の目にとまり引き抜かれる。

日本で身長195センチって、でかいよ!
知人にいるんだけど、一緒に歩いてるとスカイツリーと歩いてるみたい。
電車に乗るとみんな見るし。
服も靴も日本では普通に買えなくて苦労してるとか。
(風間が彼に与えた変装用のカジュアルウエアはどこで調達したのかなと思ってしまった)

そんな大男の後藤は、警察一家の長男で、学生時代は柔道で日本代表クラスという純体育会系、人の5倍は食べるけど太りはせず、過去のトラウマで女性恐怖症
この設定だけで、どんぶりでご飯持って来い!だな。

風間は、家柄よし頭よしルックス良しのパーフェクトな男だが、生粋のゲイ。
後藤に目をつけたのも好みの男だからとはいえ、最初は単に部下にするつもりだったのが、女性恐怖症と告白されて、俄然「おとしてやる」モードに。

風間はいわゆる襲い受け、関係を結んでもあくまで上下関係があるので、辰巳と安藤の関係に似ていところもある。
でも坊ちゃん育ちの風間は辰巳ほどの強靭さはなく、後藤の気を引こうとして、料理を作ったり女装してみたりと、けっこう女々しいところがあったりする(なんだかんだ言ってこの人絶対、女装趣味があると思う)。

そして武器を持たせた後藤があまりにも人間離れした最終兵器なので、徐々に風間が後藤に依存していくような関係になっていく。

とにかく私、大食い男、ジャンボ後藤に萌え萌えです。
ガンガン肉食って、エネルギー満タンになった後藤に怖いものなし。しかもやさしい。

ただ、恋の駆け引きなどできるタイプではなく(そこも萌え)、とっくにお互い信頼し合い愛し合っているのに、仕事上の立場の変化もあってお互いの気持ちを見失いそうになる。

そこで時間軸がホームドラマと合流し、後藤の元同級生・八千草+真々田夫妻の息子が誘拐されるという事件が起きる。

「ホームドラマ」とは話が別なので、前作を読んでいなくても問題ありません。が、「ホームドラマ」は、父子のホームドラマにサスペンスが押し寄せてくる話、「サスペンスドラマ」は、サスペンスな生活を楽しんでいる公安警察官が、惚れた男にいそいそと手料理を用意したりするホームドラマが重なってくる面白さで、見事に対句になっている。さすが巨匠だ・・・。

「自分、そんないい加減な男ではないです」
↑こういうセリフに萌える人には、ぜひお勧めしたい剛しいらです。

| 剛しいら | 21:41 | comments(0) | - |
| 1/110PAGES | >>